水素吸蔵合金アクチュエータ

開放特許情報番号
L2011003850
開放特許情報登録日
2011/8/12
最新更新日
2011/8/12

基本情報

出願番号 特願2005-344221
出願日 2005/11/29
出願人 国立大学法人 長崎大学
公開番号 特開2007-147003
公開日 2007/6/14
登録番号 特許第4734638号
特許権者 国立大学法人 長崎大学
発明の名称 水素吸蔵合金アクチュエータ
技術分野 機械・加工、金属材料
機能 機械・部品の製造、材料・素材の製造
適用製品 水素吸蔵合金アクチュエータ、水素吸蔵材料
目的 チタンを含むバナジウム合金利用した、応答性、応答量に優れ、小型化も可能にした実用可能な水素吸蔵合金アクチュエータ、及びアクチュエータ用水素吸蔵材料の提供。
効果 応答性、応答量に優れたアクチュエータを提供することができる。また、バナジウム系合金は優れた加工性を有するので、薄板化、線材化などの容易に所望形状のモジュールを形成することができる。
技術概要
この技術では、水素吸蔵合金アクチュエータは、チタンを含むバナジウム合金による水素吸蔵合金部材を有したモジュールが気密被覆体に収容され、水素給排手段を通じて行われるモジュールの水素吸蔵合金体部材に対する水素の吸蔵、脱蔵によりモジュールが応答動作するようにして成るものとする。また、水素吸蔵合金アクチュエータは、チタンを含むバナジウム合金による水素吸蔵合金薄体と非水素吸蔵薄体とを接合してなるモジュールと、モジュールを収容した変形可能な気密被覆体と、気密被覆体内に水素を供給・排出するための水素給排手段とを有し、水素吸蔵合金薄体に対する水素の吸蔵、脱蔵によりモジュールが気密被覆体と一体に曲げ動作するようにして成るものとする。さらに、チタンを含むバナジウム合金による水素吸蔵合金部材からなるモジュールと、モジュールを収容した気密被覆体と、気密被覆体内に水素を供給・排出するための水素給排手段とを有し、水素吸蔵合金体部材に対する水素の吸蔵、脱蔵によりモジュールが伸縮動作するようにして成るものとする。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT