光信号増幅3端子装置

開放特許情報番号
L2011003803
開放特許情報登録日
2011/8/12
最新更新日
2018/1/5

基本情報

出願番号 特願2005-501565
出願日 2003/9/19
出願人 国立研究開発法人科学技術振興機構
公開番号 WO2004/038492
公開日 2004/5/6
登録番号 特許第4436451号
特許権者 国立研究開発法人科学技術振興機構
発明の名称 光信号増幅3端子装置
技術分野 電気・電子
機能 機械・部品の製造
適用製品 光信号増幅3端子装置、光通信、光画像処理、光コンピュータ、光計測、光集積回路、光エレクトロニクス、光信号増幅装置
目的 光信号の増幅処理を制御光を用いて直接行うことができる光信号増幅3端子装置の提供。
効果 光信号の増幅処理を制御入力光を用いて直接行うことができる光信号増幅3端子装置を得ることができる。
技術概要
この技術では、光信号増幅3端子装置は、pn接合から構成される活性層を備えるとともにその活性層を通過した光を反射するための反射手段を一端面にそれぞれ備え、他端面から入力された光信号をクロスゲイン変調特性を利用して増幅および波長変換してその他端面から出力するための第1半導体光増幅素子および第2半導体光増幅素子と、第1波長の第1入力光と第2波長の第2入力光とを第1半導体光増幅素子に入力させる第1光入力手段を含む。また、第1半導体増幅素子からの光から第2波長の光を選択する第1波長選択素子と、その第1波長選択素子により選択された第2波長の光と第3波長の第3入力光とを第2半導体光増幅素子へ入力させる第2光入力手段と、その第2半導体光増幅素子からの光から第3波長の出力光を選択する第2波長選択素子とを、含む。第3波長の出力光は、第1波長の第1入力光および/または第3波長の第3入力光の強度変化に応答して変調され、且つ第3波長の第3入力光に対する信号増幅率が2以上であるものとする。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT