粘膜組織収縮性治療剤、粘膜組織に関わる疾患の治療方法、注射器、及び治療具セット

開放特許情報番号
L2011003779
開放特許情報登録日
2011/8/12
最新更新日
2018/1/5

基本情報

出願番号 特願2004-539554
出願日 2003/9/26
出願人 国立研究開発法人科学技術振興機構
公開番号 WO2004/028518
公開日 2004/4/8
登録番号 特許第3833683号
特許権者 国立研究開発法人科学技術振興機構
発明の名称 粘膜組織収縮性治療剤、粘膜組織に関わる疾患の治療方法、注射器、及び治療具セット
技術分野 化学・薬品
機能 材料・素材の製造
適用製品 粘膜組織収縮性治療剤、注射器
目的 容易かつ安全に、しかも侵襲性が極めて小さく、粘膜組織に関わる諸疾患を治療することができる粘膜組織収縮性治療剤、かかる粘膜組織収縮性治療剤を用いた粘膜組織に関わる諸疾患の治療方法、かかる治療方法に用いることが可能な注射器、及び治療具セットの提供。
効果 容易かつ安全に、しかも侵襲性が極めて小さく、粘膜組織に関わる諸疾患を治療することができる粘膜組織収縮性治療剤、かかる粘膜組織収縮性治療剤を用いた粘膜組織に関わる諸疾患の治療方法、かかる治療方法に用いることが可能な注射器、及び治療具セットを提供することができる。
技術概要
この技術では、有効成分としてエタノールを含有することを特徴とする鼻腔粘膜下部組織収縮用治療剤を提供する。また、有効成分として、エタノールとステロイド剤及び/又は抗ヒスタミン剤とを含有することを特徴とする鼻腔粘膜下部組織収縮用治療剤を提供する。また、エタノールが、30〜95質量%含有されていることを特徴とする鼻腔粘膜下部組織収縮用治療剤を提供する。また、ステロイド剤が、0.01〜1.0質量%含有されていることを特徴とする鼻腔粘膜下部組織収縮用治療剤や、抗ヒスタミン剤が、0.01〜1.0質量%含有されていることを特徴とする鼻腔粘膜下部組織収縮用治療剤や、有効成分の混合溶液であることを特徴とする鼻腔粘膜下部組織収縮用治療剤を提供する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT