光学レンズ装置及びレーザ装置、光学レンズの位置決め方法

開放特許情報番号
L2011003744
開放特許情報登録日
2011/8/12
最新更新日
2015/10/30

基本情報

出願番号 特願2004-114544
出願日 2004/4/8
出願人 独立行政法人科学技術振興機構
公開番号 特開2005-300769
公開日 2005/10/27
登録番号 特許第4672278号
特許権者 国立研究開発法人科学技術振興機構
発明の名称 光学レンズ装置及びレーザ装置、光学レンズの位置決め方法
技術分野 電気・電子
機能 機械・部品の製造
適用製品 光学レンズ装置、レーザ装置、光学レンズの位置決め方法
目的 鏡筒に入れられたレンズの光軸方向の位置決めを行うために、プラスチック又は樹脂製のリングによりレンズを光軸方向に押えることで環境温度の変化時のレンズの光軸方向の位置決め精度の安定化を実現するための光学レンズ装置及びレーザ装置、光学レンズの位置決め方法の提供。
効果 鏡筒に入れられたレンズの光軸方向の位置決めを行うために、プラスチック又は樹脂製のリングによりレンズを光軸方向に押えることで環境温度の変化時のレンズの光軸方向の位置決め精度の安定化を実現することができる。
技術概要
この技術では、光学レンズ装置は、コリメータレンズ部の径に対応した内径の接合部分を有し、鏡筒とコリメータレンズ部との間に設けられて、鏡筒とコリメータレンズ部とを半径方向に接合し、コリメータレンズ部の第1及び第2の光学レンズ部を半径方向に締めつけ、締りばめによりコリメータレンズ部の第1及び第2の光学レンズ部の偏心及び傾きを防ぐための接合部材と、熱膨張係数が鏡筒よりも大きい高分子材料で形成され、コリメータレンズ部の端面を押える断面が、L字形状、逆L字形状、斜め形状、曲線形状のいずれかであり、一部又は全部の厚さにわたって半径方向にスリットを備え、接合部材により締りばめされたコリメータレンズ部の他端の側の端面を光軸方向に押え、鏡筒の熱膨張による第1及び第2の光学レンズ部間の隙間の増大を押さえ込むためのプラスチックリングと、プラスチックリングを他端の側で光軸方向に固定し、プラスチックリングにより鏡筒の熱膨張による第1及び第2の光学レンズ部間の隙間の増大を押さえ込むための、他端において鏡筒と結合されたリング部材を備える。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

登録者情報

登録者名称 国立研究開発法人科学技術振興機構

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT