計算装置、プログラム、及び、記録媒体

開放特許情報番号
L2011003633
開放特許情報登録日
2011/8/5
最新更新日
2015/10/29

基本情報

出願番号 特願2003-022792
出願日 2003/1/30
出願人 独立行政法人科学技術振興機構
公開番号 特開2004-234393
公開日 2004/8/19
登録番号 特許第4696282号
特許権者 国立研究開発法人科学技術振興機構
発明の名称 計算装置、プログラム、及び、記録媒体
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 計算装置、プログラム、及び、記録媒体
目的 精密なパラメータ調整を行うことのできるプログラム、記録媒体およびコンピュータを提供する。また、汎用的な処理に適用できるプログラム、記録媒体およびコンピュータを提供する。
効果 実際の計算の前に実行コストを予め実測して最適な性能情報パラメータを得るようにして、より精密かつ確実なパラメータ調整が可能となる。また、ライブラリの実際の実行の前に、インストール時に設定された性能情報パラメータを参照して、基本情報パラメータを用いて性能情報パラメータの最適化を行うので、試行計算の回数を削減して最適な性能情報パラメータを得ることができる。
技術概要
図1はコンピュータの一部を示すブロック図、図2はコンピュータを示すブロック図、図3(a)はインストール時最適化の手順を示すフローチャートであり、(b)はライブラリ実行前最適化の手順を示すフローチャートであり、(c)はライブラリ実行時最適化の手順を示すフローチャート、である。計算装置(コンピュータ)1は、図2に示すように、プロセッサ2、ユーザライブラリ(ライブラリ)3、パラメータ調整層4、およびパラメータ情報ファイル5を備える。また、計算装置1は、記録媒体を備える。計算装置1は、外部から入力されるパラメータを用いてライブラリ3中のサブルーチンを呼び出して、計算を行う。計算結果は表示装置に出力される。プロセッサ2は、計算を行うための計算処理部である。パラメータ調整層4においては、インストール時最適化層4aにて最適化したパラメータ情報IOPは、パラメータ情報ファイル5に保存され、実行前最適化層4bと実行時最適化層4cとで参照可能となる。また、実行前最適化層4bにて最適化したパラメータ情報BEOPは、パラメータ情報ファイル5に保存され、実行時最適化層4cで参照可能となる。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT