多人数共有型表示装置

開放特許情報番号
L2011003617
開放特許情報登録日
2011/8/5
最新更新日
2018/1/5

基本情報

出願番号 特願2002-508131
出願日 2001/6/29
出願人 国立研究開発法人科学技術振興機構
公開番号 WO2002/003124
公開日 2002/1/10
登録番号 特許第4616543号
特許権者 国立研究開発法人科学技術振興機構
発明の名称 多人数共有型表示装置
技術分野 情報・通信、電気・電子、生活・文化
機能 制御・ソフトウェア、安全・福祉対策
適用製品 簡便な操作で得られ、立体映像を表示する装置等の分野で広く利用される。
目的 複数人に対して、実空間での視点移動に適切に対応した表示を行うことを可能にする、多人数共有型表示装置を提供する。
効果 複数人個々の視点位置に応じた映像を観察することができる。このような多人数共有型表示装置に関する技術は、例えば、立体映像を表示する装置として、幅広く産業応用が可能である。
技術概要
ディスプレイ装置110を複数のユーザ140、150で共有する多人数共有型表示装置において、複数ユーザのための複数の映像を画面に表示するディスプレイ装置と、一定距離離れてディスプレイ装置を覆うように設置され、十分大きな穴118を有するディスプレイ・マスク114と、表示装置に対するユーザの実空間の位置を検出する位置センサと、1台のディスプレイ装置、位置センサとに可動的に結合され、位置センサによるユーザの位置に応じて、各ユーザに対応した画像をディスプレイ装置上の、各ユーザが見える領域に表示する処理装置130とを備え、穴は、各ユーザが、そのユーザに対応する画像を表示している領域を見ることができる大きさである、多人数共有型表示装置である。尚、ディスプレイ装置上に表示する映像に、立体視のための映像を含む。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT