光再構成型ゲートアレイへのデータ書き込み方法および装置

開放特許情報番号
L2011003595
開放特許情報登録日
2011/8/5
最新更新日
2015/10/29

基本情報

出願番号 特願2002-223857
出願日 2002/7/31
出願人 独立行政法人科学技術振興機構
公開番号 特開2004-064017
公開日 2004/2/26
登録番号 特許第3649711号
特許権者 国立研究開発法人科学技術振興機構
発明の名称 光再構成型ゲートアレイへのデータ書き込み方法および装置
技術分野 電気・電子
機能 機械・部品の製造
適用製品 光再構成型ゲートアレイへのデータ書き込み装置に適用する。
目的 差動型の再構成手法を用いるアルゴリズムと回路から構成されてなる光再構成型ゲートアレイへのデータ書き込み装置を提供する。
効果 再構成のクロックを落とすことなく、光の照射ビット数を減らすことで、消費電力を低減できる光再構成型ゲートアレイへのデータ書き込み装置が可能になる。
技術概要
ホログラムメモリの書き換えの際に、(A)前回書き込んだ再構成データと次に書き込む再構成データとを比較する手段と、(B)次に書き込む再構成データが前回書き込んだ再構成データとその前回書き込んだ再構成データを反転したデータのいずれに近いかを判断する手段と、(C)前回書き込んだ再構成データに近ければ、それとの差異部分のみ光を照射し、前回書き込んだ再構成データを反転したデータの方に近ければ、反転ビットの再構成ビットに光を照射すると同時に、前回書き込んだ再構成データを反転した再構成データとの差異部分に光を照射する手段とを備える光再構成型ゲートアレイへのデータ書き込み装置にする。かくして、ホログラムメモリの書き換えの際に、前回書き込んだ再構成データと次に書き込む再構成データの差分情報をホログラムメモリに記憶し、差異部分のみに光を照射することにより、書き換えの度に全面を照射するよりも低消費電力化を図ることができる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT