水切り手袋

開放特許情報番号
L2011003456
開放特許情報登録日
2011/7/29
最新更新日
2011/9/30

基本情報

出願番号 特願2009-294723
出願日 2009/12/25
出願人 赤星 仁司
公開番号 特開2011-140720
公開日 2011/7/21
登録番号 特許第4713666号
特許権者 赤星 仁司
発明の名称 水切り手袋
技術分野 生活・文化、その他
機能 その他
適用製品 手袋
目的 水仕事、農作業等を能率的で容易に行えると共に、原材料の過剰使用や製造の別工程を不要とし容易に製造でき、コストが安値であると共に、使い勝手が便利で見栄えもよく、更にコンパクトであり携帯が好適な使い捨てタイプの水切り手袋の提供を目的とする。
効果 水仕事などをしていると、水切り部が手袋の開口部全周に亘って形成されているので、腕側への水の飛散を防止することができる。 更に、水切り部は手袋と一体的になっているので、開口部はバランスがとれて円形状に開いた状態を維持できるので、下向きや上向きの作業姿勢をしても、垂れ流れた水が袖口部や裾端部回りに伝わってくっついたり、垂れて濡れたり、飛び跳ね水が手首、腕あるいは衣服にかかることを防止すると共に、手袋内への水の侵入を防止する。
技術概要
袋体の上端部に、指が挿入可能な指部を連接し、袋体の下端縁に、手を挿入するための開口部を形成してなる、柔軟性素材からなる手袋である。 手袋の掌側及び甲側から正面視して、下端縁には、手を挿入する方向に対して直交方向に直線部を有する略半円形状の張り出し部が延設されている。 掌側と甲側の2つの張り出し部は、一体のもので全体として略円形状の水切り部を構成しており、略円形状の水切り部の中央部にはスリットが形成され、スリットが、開口部となっている。 これにより、水切り手袋を手に装着したとき、水切り部を手袋の外側方向に略円形状に開けることによって、水切り部で広範囲に水などを受止める。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 赤星 仁司

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT