ノリ(海苔)を原料として新規にして耐酸性の強いビフィズス菌増殖促進性組成物

開放特許情報番号
L2011003342
開放特許情報登録日
2011/7/22
最新更新日
2016/8/1

基本情報

出願番号 特願2004-328793
出願日 2004/11/12
出願人 熊本県、独立行政法人水産総合研究センター
公開番号 特開2006-136240
公開日 2006/6/1
登録番号 特許第4719850号
特許権者 熊本県、国立研究開発法人水産研究・教育機構
発明の名称 ビフィズス菌増殖促進性組成物
技術分野 化学・薬品、食品・バイオ、有機材料
機能 材料・素材の製造、食品・飲料の製造、加熱・冷却
適用製品 このビフィズス菌増殖促進性組成物は、強い耐酸性を有し酸性条件下でもビフィズス菌増殖能を持続できるので、各種の酸性食品や酸性飲料にビフィズス菌増殖促進剤として添加して用いることができる。酸性の清涼飲料や果実飲料、酸性乳飲料などにも最適である
目的 紅藻類アマノリ属であるノリ(海苔)を原料とした新規にして耐酸性の強いビフィズス菌増殖促進性組成物を提供する。
効果 強力なビフィズス菌増殖促進機能を有し強い耐酸性を有する。このビフィズス菌増殖促進性組成物を摂取すると、胃液では分解されず、ビフィズス菌が生息する大腸にそのまま到達するので、ビフィズス菌の増殖を大いに促進することができる。酸性飲料や酸性食品に添加して保存しても分解されず効力を持続できる。
技術概要
 
グリセロールガラクトシドよりなるか又はグリセロールガラクトシドを有効成分とするビフィズス菌増殖促進性組成物。グリセロールガラクトシドが紅藻類アマノリ属であるノリ、しかもタンパク質含量が30%以下のノリから採取したものである。pH4以下の酸性飲料又は酸性食品に添加してもビフィズス菌増殖能を持続できる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
希望譲渡先(国内) 【否】 
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 平成10年6月29日付特総第1173号特許庁長官通達「特許権等契約ガイドライン」に基づき、案件ごとに協議のうえ決定。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT