−LIT型合成アルミノシリケート、−LIT型メタロシリケート及びその製造方法

開放特許情報番号
L2011003329
開放特許情報登録日
2011/7/15
最新更新日
2015/10/1

基本情報

出願番号 特願2011-100089
出願日 2011/4/27
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2012-012288
公開日 2012/1/19
登録番号 特許第5656226号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 −LIT型合成アルミノシリケート、−LIT型メタロシリケート及びその製造方法
技術分野 無機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 ゼオライト、触媒や吸着分離剤等、ハイシリカゼオライト、新規合成ゼオライト
目的 −LIT型合成ゼオライト及び−LIT型メタロシリケートの製造方法とその新規組成の−LIT型合成ゼオライト及び−LIT型メタロシリケート製品の提供。
効果 (1)短時間に、良好な結晶性を有する−LIT型アルミノシリケート及びメタロシリケートを、有機構造規定剤を何ら添加すること無く製造することができる。(2)比較的短時間に、無撹拌で、多量の、新規な−LIT型アルミノシリケート及びメタロシリケートを製造することができる。(3)合成−LIT型アルミノシリケート及びメタロシリケートは、分離・吸着剤、有機合成用触媒等として有用である。
技術概要
本技術は、以下の技術的手段から構成される。(1)合成されたアルミノシリケートであって、SiO↓2/Al↓2O↓3モル比が4−7、K↓2O/Al↓2O↓3モル比が1−3の組成範囲であり、且つリソサイト(lithosite,−LIT)型構造を有することを特徴とする−LIT型アルミノシリケート。(2)また、−LIT型アルミノシリケートを合成する方法であって、出発物質のH型もしくはアンモニウム型のフォージャサイト、チャバサイト、又はフィリップサイト構造のゼオライトを水酸化カルシウムと共にアルコール中で加熱処理することにより、−LIT型アルミノシリケートを合成することを特徴とする−LIT型アルミノシリケートの製造方法。(3)出発物質のH型もしくはアンモニウム型のフォージャサイト、チャバサイト、又はフィリップサイト構造のゼオライトの組成が、モル比で、次の範囲、SiO↓2/Al↓2O↓3=4−7、K↓2O/Al↓2O↓3=1−3である、−LIT型アルミノシリケートの製造方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT