生分解性ポリエステル溶液

開放特許情報番号
L2011003302
開放特許情報登録日
2011/7/15
最新更新日
2011/7/15

基本情報

出願番号 特願2006-527630
出願日 2004/6/29
出願人 昭和電工株式会社
公開番号 WO2006/001081
公開日 2006/1/5
登録番号 特許第4653098号
特許権者 昭和電工株式会社
発明の名称 生分解性ポリエステル溶液
技術分野 化学・薬品、有機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 生分解性ポリエステル溶液
目的 地球環境や安全性上悪影響を及ぼさない生分解性ポリエステルおよび汎用非ハロゲン溶剤を用いて、20℃より高温ではゲル化せず、接着剤、粘着剤、コーティング剤、インクなどとして優れた生分解性ポリエステル溶液を提供する。
効果 この生分解性ポリエステル溶液は、20℃より高温ではゲル化せず、通常の室温や作業温度にて、接着剤、粘着剤、コーティング剤などとして紙などの上に均一に塗布出来るなど、室温作業が可能となる。
技術概要
生分解性ポリエステルおよび汎用非ハロゲン溶剤から得られ、式(1)で算出されるゲル化温度T↓mが20℃以下である生分解性ポリエステル溶液である。式中、d↓s、cおよびM↓sは、それぞれ該汎用非ハロゲン溶剤の20℃における比重、容積分率および分子量であり、Δh、d↓pおよびT↓m↑0は、それぞれ該生分解性ポリエステルの融解熱(mJ/mg)、20℃における比重および融点(℃)である。生分解性ポリエステルは、脂肪族ジカルボン酸と、脂肪族ジオール、脂環式ジオールまたはこれらの混合物とを原料として得られる縮合物であるか、あるいは縮合物を多官能基性化合物により結合させて更に鎖延長させた縮合物である。好ましくは、汎用非ハロゲン溶剤は、酢酸エチル、酢酸ブチル、トルエン、キシレン、メチルエチルケトンまたはこれらの混合物である。生分解性ポリエステルの重量平均分子量は、50,000〜800,000、好ましくは70,000〜600,000である。
実施実績 【有】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 昭和電工株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【有】   
Copyright © 2017 INPIT