コンデンサ

開放特許情報番号
L2011003261
開放特許情報登録日
2011/7/15
最新更新日
2011/7/15

基本情報

出願番号 特願2004-313938
出願日 2004/10/28
出願人 昭和電工株式会社
公開番号 特開2005-210069
公開日 2005/8/4
登録番号 特許第4532235号
特許権者 昭和電工株式会社
発明の名称 コンデンサ
技術分野 電気・電子、有機材料、無機材料
機能 材料・素材の製造、表面処理
適用製品 電子機器等に利用される放熱性に優れた電解コンデンサとして広く利用される。
目的 安価に製作され得ると共に、放熱性に優れた電解コンデンサ、特に大電流や高リップル電流を印加しても発生する熱を効率良く外部に放出することができる放熱特性に優れた電解コンデンサを提供する。
効果 絶縁皮膜が窒化アルミニウム皮膜からなるので、外部との絶縁性を確実に確保できる。
技術概要
アルミニウムからなる外装ケース3内にコンデンサ素子が収納されてなるコンデンサにおいて、外装ケースの外周面は、窒化アルミニウム皮膜で被覆されている、コンデンサである。尚、外装ケースの外周面は、表面窒化処理によって形成された窒化アルミニウム皮膜で被覆されており、また、皮膜の厚さが1〜20μmであり、また、外装ケースとコンデンサ素子2との間にこれらに接触状態に、熱伝導率が1W/m・K以上の熱伝導材5が介装されている。また、熱伝導率が1W/m・K以上の熱伝導材として、アルミナ粒子、窒化アルミニウム粒子、窒化ホウ素粒子及び酸化亜鉛粒子からなる群より選ばれる1種または2種以上の粒子がマトリックス材中に分散されてなる熱伝導材が用いられる。また、粒子の平均粒径が0.5〜5μmである。また、コンデンサは、電解コンデンサ1である。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 昭和電工株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【有】   
Copyright © 2017 INPIT