ボンベ移動システム

開放特許情報番号
L2011003182
開放特許情報登録日
2011/7/15
最新更新日
2011/7/15

基本情報

出願番号 特願2003-356527
出願日 2003/10/16
出願人 昭和電工株式会社
公開番号 特開2005-121129
公開日 2005/5/12
登録番号 特許第4465424号
特許権者 昭和電工株式会社
発明の名称 ボンベ移動システム
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 ボンベ移動システム
目的 転倒を防止しつつ、ボンベを移動させるボンベ移動システムに関し、簡単な構成で、安定してボンベを移動することができるボンベ移動システムの提供を目的とする。
効果 ボンベの移動方向に並んで配置されている複数の回転ローラー上にボンベを載置した状態でボンベを移動するので、大きな力を加えなくともボンベを移動できる。また、ボンベを内部貫通穴に挿入した転倒防止用リングを、ボンベの移動方向に延びるガイドレールに係合させつつ、ボンベを移動させるので、ボンベの転倒を防止しつつ、安定してボンベを移動できる。また、転倒防止用リングをガイドレールに係合させたので、ボンベ移動径路にカーブがあったとしも、スムーズにボンベを移動できる。
技術概要
ボンベの移動方向に並んで配置された複数の回転ローラーと、ボンベを内部貫通穴に挿入可能な転倒防止用リングと、ボンベの移動方向に延び、転倒防止用リングを係合させるガイドレールとを備える。 ボンベを複数の回転ローラー上に載置した状態で、ボンベを内部貫通穴に挿入した転倒防止用リングを、ガイドレールに係合させつつ、ボンベを移動させることができる。 ボンベ2を移動させる操作者が、ボンベの移動方向Hに並んで配置されている複数の回転ローラー3におけるボンベ移動方向H始端部に、ボンベ2を手で持って載せる。 この際、ガイドレール6におけるボンベの移動方向H始端部において、一対の略コ字状部材9における上板部11が切り欠かれた切り欠き部12間にボンベ2を位置する。 この状態で、ボンベ2に転倒防止用リング8を上方から嵌め込んで、転倒防止用リング8が一対の略コ字状部材9における下板部13上に載置されるようにする。 その後、ボンベの移動方向Hに向けてボンベ2を手動で押すことにより、一対の略コ字状部材9における溝部10に、転倒防止用リング8が嵌め込まれつつボンベ2が移動する。
イメージ図
実施実績 【有】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 昭和電工株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT