皮膚外用剤

開放特許情報番号
L2011003176
開放特許情報登録日
2011/7/15
最新更新日
2011/7/15

基本情報

出願番号 特願2002-312012
出願日 2002/10/28
出願人 昭和電工株式会社
公開番号 特開2004-002278
公開日 2004/1/8
登録番号 特許第4439799号
特許権者 昭和電工株式会社
発明の名称 皮膚外用剤
技術分野 化学・薬品、有機材料、生活・文化
機能 材料・素材の製造、安全・福祉対策
適用製品 皮膚外用剤、トコフェロールアミノアルキルカルボン酸エステル、トコフェロールN,N−ジメチルグリシンエステル、トコフェロールサルコシンエステル、化粧料
目的 トコフェロール類及びその誘導体は古くから医薬品、化粧品等に配合されてきたが、油溶性であり、水溶液やエマルジョンへの均一分散は困難であり、その溶解性、乳化性の改善が望まれてきた。また、トコフェロール類は単体では酸化されやすく、多くの場合、有機酸エステルの誘導体として用いられるが、生体で生理活性を発現するにはその変換速度は十分でなく組織内濃度を高める効果は低かった。そこで、皮膚外用剤におけるトコフェロールの溶解性、乳化性を改善し、皮膚組織内で活性型トコフェロールへの変換が効率的に行われる組成物を提供する。
効果 この技術が提供するトコフェロールアミノアルキルカルボン酸エステル或はその塩を含有する皮膚外用剤は、トコフェロールの溶解性、乳化性を改善し、皮膚組織内で活性型トコフェロールへの変換が効率的に行われるため、皮膚外用剤、化粧料他幅広い分野に応用することができる。
技術概要
この化粧料は、一般式(I)(式中、R↑1、R↑2は低級アルキル基または水素原子を表し、R↑3およびR↑4は水素原子またはメチル基を表し、Rは置換基を有していてもよい分岐状または直鎖状アルキレン基を表す。ただし、R↑1、R↑2は同時に水素原子になることはない。)、好ましくは、一般式(II)(式中、nは1〜7の整数を表す。)で示されるトコフェロールアミノアルキルカルボン酸エステル或はその塩を含有する。特に好ましいトコフェロールアミノアルキルカルボン酸エステルはトコフェロールのN,N−ジメチルグリシンエステル或はトコフェロールサルコシンエステルである。化粧料における、トコフェロールアミノアルキルカルボン酸エステルの含有量は、好ましくは、0.1〜10質量%である。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 昭和電工株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【有】   
Copyright © 2018 INPIT