直流回生電動機

開放特許情報番号
L2011003147
開放特許情報登録日
2011/7/15
最新更新日
2012/7/31

基本情報

出願番号 特願2010-225296
出願日 2010/10/5
出願人 岩井 武雄
公開番号 特開2012-070606
公開日 2012/4/5
登録番号 特許第4700138号
特許権者 岩井 武雄
発明の名称 直流回生電動機
技術分野 電気・電子、機械・加工、輸送
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 ハイブリッド車、電気自動車
目的 この発明は出力効率を高め、かつ給電停止直後の回生制動を、給電操作手段の操作で簡易に行うことや回生制動で得られた電力を、蓄電器や二次電池に効率的に蓄電してエネルギー効率を高めることが可能な直流回生電動機を提供することを目的とする。
効果 固定子の界磁巻線が回転子を挟んで対称な位置に配置され、各ホール素子などの検出手段で回転子の磁極を検出した検出位置から、トルクが極力大きくなる位置の界磁巻線対に、スイッチング素子を介して直流電源から間欠的に回転磁界を生成させる一方、非通電時の誘起電力をスイッチング素子等を介して界磁巻線対に供給するので、従来のブラシレスDCモータに比べてより出力効率を高め、より大きなトルクを得ることができる。
技術概要
この発明の直流回生電動機は、回転子と、固定子と、指令信号を出力する指令信号生成手段と、給電信号を出力する給電信号生成手段と、回転子の磁極を検出する検出手段と、界磁巻線対それぞれに供給される負荷電流の方向を切換える切換手段と、回生信号を出力する回生信号生成手段と、界磁巻線対に誘起される交流電力を蓄電する回生電力制御手段とを備える。 指令信号生成手段は、受けた力の大きさが所定の閾値を越えた場合は、閾値を越える力の大きさに比例してデューティ比が変化する第一指令信号を生成し、受けた力の大きさが閾値以下の場合は、閾値を下回る力の大きさに反比例してデューティ比が変化する第二指令信号を生成する様に構成している。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 株式会社やちよ中央自動車学校

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【有】   
Copyright © 2018 INPIT