不飽和ポリエステル樹脂組成物およびその硬化体

開放特許情報番号
L2011003123
開放特許情報登録日
2011/7/8
最新更新日
2011/7/8

基本情報

出願番号 特願2005-102273
出願日 2005/3/31
出願人 昭和高分子株式会社
公開番号 特開2006-282766
公開日 2006/10/19
登録番号 特許第4102379号
特許権者 昭和電工株式会社
発明の名称 不飽和ポリエステル樹脂組成物およびその硬化体
技術分野 有機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 不飽和ポリエステル樹脂組成物、硬化体
目的 製品の性能および生産性を低下させることなく、揮発性有機化合物(VOC)規制に対応できる製品を成形することができる不飽和ポリエステル樹脂組成物の提供。
効果 従来から使用されている不飽和ポリエステル樹脂組成物と同等以上の成形性、耐水性、耐候性、機械的物性などの諸特性を有し、且つ不飽和ポリエステル樹脂組成物中に含まれるスチレンなどのVOCをほとんど残さずに硬化させることのできる不飽和ポリエステル樹脂組成物を提供することができる。
技術概要
 
この技術では、(A)不飽和ポリエステル、(B)スチレンを主成分とするラジカル重合性モノマー、(C)コバルト塩からなる硬化促進剤、(D)アセチルアセト基を有する化合物を含有する硬化促進助剤、ならびに(E)アセチルアセトンパーオキサイドと、ターシャリーブチルパーオキシ−3,5,5−トリメチルヘキサノエートと、ターシャリーブチルパーオキシベンゾエートとからなる混合硬化剤を含む不飽和ポリエステル樹脂組成物において、不飽和ポリエステル樹脂組成物に対して、(A)の不飽和ポリエステルが40〜75質量%、(B)のラジカル重合性モノマーが20〜55質量%、(C)の硬化促進剤が0.3〜5質量%、および(D)の硬化促進助剤が0.1〜2質量%、(E)の混合硬化剤が1.6〜5質量%含まれ、(B)のラジカル重合性モノマーは、(b−1)スチレンと、(b−2)酢酸ビニル、ジアリルオルソフタレート、ジアリルイソフタレートおよびジアリルテレフタレートからなる群から選択される少なくとも1種類とからなる混合物であって、(b−1)と(b−2)との質量比が、1:1〜19:1であるものとする。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 昭和電工株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT