タケノコ発酵食品の製造方法及びタケノコ発酵食品

開放特許情報番号
L2011003028
開放特許情報登録日
2011/7/8
最新更新日
2011/7/8

基本情報

出願番号 特願2006-039842
出願日 2006/2/16
出願人 柏木 享
公開番号 特開2007-215484
公開日 2007/8/30
登録番号 特許第4605392号
特許権者 柏木 享
発明の名称 タケノコ発酵食品の製造方法及びタケノコ発酵食品
技術分野 食品・バイオ
機能 食品・飲料の製造
適用製品 たんぱく質、食物繊維、納豆菌
目的 タケノコ(竹皮を含む)に納豆菌を接種して発酵させた、全く新規な発酵食品の提供。
効果 本技術によれば、タケノコに納豆菌を生育させることにより、竹の風味を具え美味な全く新規な発酵食品を提供することができる。本技術の新規発酵食品には、食物繊維やアミノ酸、ビタミンB群が著量含有され、栄養価の高い食品である。
技術概要
 
この技術では、原料タケノコの水分含有量を20〜90%に調整し、これに納豆菌を接種した後、湿度30〜90%、温度20〜50℃において5〜60時間かけて発酵させる。即ち、タケノコ本体を剥皮して、水分80%のタケノコ1.5Kgを得た。これを分割・切断し天日乾燥により水分を40%に調整し、120℃・25分間、加圧殺菌器で殺菌処理した。3〜5cm角のタケノコ細片が0.55Kg(水分45%)得られた。次に、得られたタケノコ細片を径30cmのガラス製シャーレに無菌的に移し、あらかじめ純粋培養した納豆菌(5×10↑4個/ml)20mlを噴霧し、温度40℃、湿度80%の恒温恒湿器に入れ30時間発酵させた。発酵終了後、直ちに5℃の冷蔵庫に保存した。得られた製品の外観は、黄色から黄褐色のタケノコ片にうっすらと白い納豆菌の菌体が覆つていた。菌糸は見かけ以上にタケノコ内部まで浸透している。得られた製品の風味は、納豆菌自体の香りは軽く感じられるが、タケ特有の香りが強く、新鮮なタケ風味の中に納豆の香りが漂うものであった。
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 柏木 享

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT