寒冷地域の農業用コンクリート開水路のFRPM板補修工法(商標登録名:クイックパネル工法)

開放特許情報番号
L2011003012
開放特許情報登録日
2011/7/8
最新更新日
2015/8/14

基本情報

出願番号 特願2006-280238
出願日 2006/10/13
出願人 独立行政法人土木研究所、栗本化成工業株式会社
公開番号 特開2008-095428
公開日 2008/4/24
登録番号 特許第4576636号
特許権者 国立研究開発法人土木研究所、株式会社栗本鐵工所
発明の名称 水路の補修方法
技術分野 土木・建築、その他
機能 環境・リサイクル対策、その他
適用製品 老朽化したコンクリート開水路、ボックスカルバート等、FRPM板による表面補修工法
目的 老朽化したコンクリート水路表面にFRPM板を張り付けることによって、水路を補修する表面被覆工法である。
効果  本工法は補修材にFRPM板を使用している。FRPM板の背面部に緩衝材を設置しているため、流水や躯体コンクリート背面の地下水等がFRPM板の背面部に浸入して凍結融解時に体積変化を起こしても、FRPM板が剥がれることがない。積雪寒冷地域の農業用コンクリート開水路の長寿命化を図ることができる補修工法である。
技術概要
 本工法は、老朽化した農業用用排水路の表面を補修する工法である。老朽化したコンクリート開水路を取り壊すことなく、既設水路の表面に発泡ポリエチレン製の緩衝材を設置し、次にFRPM板をアンカーボルトで躯体コンクリートに固定し、板同士の継目部を目地材でシーリングするだけの簡便な補修工法で、水路を美しく蘇らせることができる。FRPM板と躯体コンクリートの間に水が滞留し、凍結融解を繰り返しても、緩衝材が滞留水の凍結膨張による負荷を緩和するため、凍結融解抵抗性の高い補修工法である。
イメージ図
実施実績 【有】  寒冷地におけるコンクリート開水路補修工法の試験施工(施工場所:剣淵町 剣和幹線用水路、主催:寒地土木研究所・栗本鐵工所)
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

導入メリット 【改善】
改善効果1 既設水路の延命、特に凍害発生地域において既設水路の凍結融解発生を抑える事ができる。
改善効果2 既設水路を表面被覆する事により、水分や二酸化炭素等の劣化因子の表面からの侵入を抑制する事ができる。
改善効果3 既設水路の耐摩耗性や水密性が向上する。
アピール内容 耐久性の高い材料を使用する事で、既設水路を取り壊す事なく、既存ストックを長期に渡って有効活用する事が可能である。また凍結融解抵抗性、漏水防止効果、粗度改善(通水機能の改善)、多様な断面形状にも適応可能等、優れた特長がある。
出展実績 ・H21年度 北海道農業土木技術者現場研修会に出展。 ・第53回北海道開発技術研究発表会 特別セッション「社会ニーズに合致した新技術等の発表について」に出展。 ・第54回北海道開発技術研究発表会 特別セッション「民間企業が開発した新技術等の発表について」に出展。

登録者情報

技術供与

ノウハウ提供レベル
量産仕様の提供 【否】
特殊仕様の提供 【否】
掲載された学会誌 【有】
掲載学会誌名1 第53回北海道開発技術研究発表会 発表論文 「寒冷地における用水路の劣化と保全」
図面の開示 【有】
図面1 クイックパネル工法 ホームページ(http://quickpanel.jp/)
マニュアルの開示 【有】
マニュアル1 クイックパネル工法 ホームページ(http://quickpanel.jp/)
その他の開示 【有】
その他1 NETIS登録(登録No.HK−100020−A)

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT