中性子光学素子

開放特許情報番号
L2011002998
開放特許情報登録日
2011/7/1
最新更新日
2012/3/16

基本情報

出願番号 特願2009-202581
出願日 2009/9/2
出願人 独立行政法人日本原子力研究開発機構
公開番号 特開2011-053096
公開日 2011/3/17
発明の名称 中性子光学素子
技術分野 電気・電子
機能 機械・部品の製造
適用製品 中性子光学素子
目的 単中性子線を集束(集光)させることのできる中性子光学素子の構造に関し、単色でない中性子線を単純な構成で集光することを目的とする。
効果 単色でない中性子線を単純な構成で集光することができる。
技術概要
中性子集光素子10は、中性子を通過させる円錐形状の貫通孔11が形成されている。この貫通孔11の一端(左側)は、中性子線を入射させる入射側開口部111となっており、他端(右側)は、中性子線を出射させる出射側開口部112となっている。入射側開口部111と出射側開口部112の形状は共に円形であり、出射側開口部112の面積は入射側開口部111の面積よりも小さくなっている。集光する中性子線の光軸100は、入射側開口部111の中心と出射側開口部112の中心とを通る。この中性子集光素子10においては、中性子が貫通孔11の内面で散乱され、その散乱角に広がりがあることを利用して、出射側開口部112における強度を高めることができる。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT