ファイル受信装置およびファイル受信プログラム

開放特許情報番号
L2011002946
開放特許情報登録日
2011/6/24
最新更新日
2011/6/24

基本情報

出願番号 特願2007-050453
出願日 2007/2/28
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2008-219170
公開日 2008/9/18
登録番号 特許第4714172号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 ファイル受信装置およびファイル受信プログラム
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 ファイル受信装置
目的 複数の端末が接続されたネットワークにおいて、同一ネットワーク内で複数のファイル転送が行われる際に、ある特定のファイル転送を、他のファイル転送に対して優先させて、ユーザが指定した時刻までに転送を完了させるようにする。
効果 ネットワークを介して、ファイルデータの転送を行う際に、ファイルデータを保有するファイル送信装置は、ファイル転送を要求するファイル受信装置から受信した応答パケットの受信個数に基づいた転送レートで、ファイル転送するため、決められた時間までにファイルデータの転送を行うことが可能である。
技術概要
データパケットを、ファイル受信装置に送信するファイル送信装置は、ファイルデータを入力するデータ入力手段と、入力されたファイルデータをデータブロックに分割するデータ分割手段と、このデータ分割手段で分割されたデータブロックを、ネットワーク送信用のデータパケットにしてファイル受信装置に送信するパケット送信手段と、このパケット送信手段で送信するデータパケットの応答を示す応答パケットを、ネットワークを介して、ファイル受信装置から受信する応答パケット受信手段と、この応答パケット受信手段で受信された応答パケットの受信個数に基づいて、パケット送信手段に予め定められた個数のデータブロックの送信を指示する送信制御手段と、を備えている。ファイル受信装置2は、転送要求入力手段26によって、優先して転送させるファイルデータ識別情報と、転送終了時刻とを入力し、転送制御手段27によって、受信しているファイルデータのデータ量と、受信したデータブロックの転送済みデータ量と、転送終了時刻とから転送に必要な送信速度を決定し、ファイル送信装置1に対して、転送制御手段27が決定した送信速度で、応答パケットを送信する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT