立体画像撮像位置調整装置、立体画像撮像位置調整方法およびそのプログラムならびに立体画像撮影システム

開放特許情報番号
L2011002943
開放特許情報登録日
2011/6/24
最新更新日
2011/6/24

基本情報

出願番号 特願2007-007713
出願日 2007/1/17
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2008-177725
公開日 2008/7/31
登録番号 特許第4621214号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 立体画像撮像位置調整装置、立体画像撮像位置調整方法およびそのプログラムならびに立体画像撮影システム
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 立体画像撮像位置調整装置、立体画像撮影システム
目的 2つの撮像素子で取得されるそれぞれの撮影画像の空間的な相対位置を半画素ずらす処理を撮影中であっても行うことができる技術を提供する。
効果 結像手段群の位置を示す位置検出用パターンが、被写体の立体情報を取得するときには実質的に妨げとはならない領域に配置されるので、2つの撮像素子で取得されるそれぞれの撮影画像の空間的な相対位置を半画素ずらす処理を撮影中であっても行うことができる。
技術概要
結像手段群により結像された被写体の各要素画像を撮像用レンズを介して撮像する撮像装置に備えられた2つの撮像素子11でそれぞれ取得された各画像を互いに半画素ずらす立体画像撮像位置調整装置3は、結像手段群の位置を示す位置検出用パターンと被写体とを共に各撮像素子によって撮像することで取得された各画像から位置検出用パターンの画像をそれぞれ抽出する画像抽出手段331と、それぞれ抽出された位置検出用パターンの画像が互いに半画素ずれているか否かを判別する画素ずれ判別手段341と、各位置検出用パターンの画像が互いに半画素ずれていない場合に、抽出された位置検出用パターンの画像が互いに半画素ずれるように撮像素子11の位置をシフトするための移動量を算出する移動量算出手段342と、算出された移動量に基づいて、撮像素子11を移動させる撮像素子移動手段12に駆動信号を出力する駆動制御手段351と、を備える。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT