撮影ショット候補設定装置及び撮影ショット候補設定プログラム

開放特許情報番号
L2011002941
開放特許情報登録日
2011/6/24
最新更新日
2011/6/24

基本情報

出願番号 特願2006-347986
出願日 2006/12/25
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2008-160550
公開日 2008/7/10
登録番号 特許第4664897号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 撮影ショット候補設定装置及び撮影ショット候補設定プログラム
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 撮影ショット候補設定装置
目的 ロボットカメラによる撮影において、ロボットカメラと被写体の配置に応じた撮影ショットの候補を設定することができる撮影ショット候補設定装置を提供する。
効果 オペレータによる撮影ショットの候補を設定する労力を軽減することができるとともに、高度な撮影知識を有していないオペレータでも、容易に撮影ショットの候補を設定し、ロボットカメラの的確な制御を行うことができる。
技術概要
複数のロボットカメラによって撮影される複数の被写体の撮影ショットの候補を設定するロボットカメラ・スイッチャ制御装置(撮影ショット候補設定装置)1は、夫々の被写体とロボットカメラとの位置及び向きを示す情報である配置情報を取得するスタジオ配置作画手段(配置情報取得手段)11と、この配置情報によって示される被写体の向きと、ロボットカメラの撮影方向とのなす角度を算出し、この角度に基づいて、夫々の被写体を撮影するロボットカメラを特定して、ロボットカメラに被写体の撮影ショットを撮影ショットの候補として設定する撮影ショット割当手段12とを備える。配置情報取得手段は、被写体の数量を示す情報である数量情報を取得し、被写体撮影ショット設定手段が、配置情報取得手段によって取得された数量情報によって示される被写体の数量に予め対応付けられた各ロボットカメラの撮影ショットを更に候補として設定する。配置情報取得手段は、オペレータの指定に従って被写体とロボットカメラとのオブジェクトを配置した画像を作画して表示装置に出力し、オペレータによって配置されたオブジェクトの相対的な位置と向きとに基づいて配置情報を取得する。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

導入メリット 【 】
改善効果1 その配置によらず撮影される被写体の撮影ショットを候補として設定できる。
改善効果2 オペレータは作画された画像上において被写体やロボットカメラの配置を指定するだけで、容易に撮影ショットの候補を設定できる。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT