移動受信装置

開放特許情報番号
L2011002930
開放特許情報登録日
2011/6/24
最新更新日
2011/6/24

基本情報

出願番号 特願2006-218520
出願日 2006/8/10
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2008-042855
公開日 2008/2/21
登録番号 特許第4637067号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 移動受信装置
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア、機械・部品の製造
適用製品 移動受信装置
目的 ドップラーシフトの補償精度が低下することなく、かつ、復調器の入力数に制限されることなく、OFDM信号の移動受信が可能な移動受信装置を提供する。
効果 MER値の大きいものから複数個の信号を選択し、選択した信号に対して最大比合成するようにした。これにより、ドップラーシフトの補償精度が低下することがない。また、移動受信装置では、直交変換部における受信信号の入力数に相当する数の信号の中で、MER値の大きいものを順番に複数個選択し、最大比合成するようにしたから、直交復調部における受信信号の入力数に制限されることなく移動受信を実現できる。したがって、OFDM信号を受信する際の移動受信特性の改善を図ることが可能となる。
技術概要
OFDM信号を受信する移動受信装置1は、複数の到来波を受信する複数のアンテナ部10と、到来波の受信信号を復調してIQ信号を得る直交復調部20と、IQ信号に複数の固定指向性パターンに応じた各重み係数を複素乗算して得られる各合成信号を計算する重み係数乗算部30と、各合成信号から、ドップラー周波数を推定してドップラーシフトを補償するAFC(自動周波数制御)部40と、ドップラーシフトが補償されたAFC部の各出力信号のMER(変調誤差比)を測定するMER測定部50と、各MER値のうちの、最大値から順に予め設定された数分のMER値を選択し、それぞれのMER値に対応した等化前のデータ信号、及び、SP(スキャッタードパイロット)から求めた伝送路特性を選択する信号選択部60−1と、選択された伝送路特性を用いて重み係数を計算し、選択された等化前のデータ信号に重み係数を複素乗算して合成するキャリア合成ダイバーシティ部70−1と、合成されたデータ信号に対してデマッピングを行うデマッピング部80とを備える。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT