伝搬パス推定装置及びパスダイバーシチ受信装置

開放特許情報番号
L2011002927
開放特許情報登録日
2011/6/24
最新更新日
2011/6/24

基本情報

出願番号 特願2006-210736
出願日 2006/8/2
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2008-042306
公開日 2008/2/21
登録番号 特許第4719102号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 伝搬パス推定装置及びパスダイバーシチ受信装置
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 伝搬パス推定装置及びパスダイバーシチ受信装置
目的 伝搬パス毎に伝搬パラメータを少ない演算量で同時かつ高精度に求めることができる伝搬パス推定装置及びパスダイバーシチ受信装置を提供する。
効果 伝搬パス毎に伝搬パラメータを少ない演算量で同時かつ高精度に求めることができ、パスダイバーシチ受信により受信特性を改善することができる。
技術概要
パイロットキャリアを含む電波を受信して、伝搬パスのパラメータを推定する伝搬パス推定装置は、アンテナ20で受信した信号を周波数変換器21でデジタル信号処理が可能な周波数にダウンコンバートし、AD変換部22によりデジタル信号に変換した周波数領域の信号からパイロットキャリアを抽出する抽出手段と、予め用意された基準パイロットキャリアまたは抽出手段で抽出した受信パイロットキャリアに対して順次所定量の位相回転を与える位相回転手段31と、位相回転手段で位相回転された基準パイロットキャリアまたは受信パイロットキャリアCPと位相回転されていない受信パイロットキャリアまたは基準パイロットキャリアの相関演算を行って相互相関値を得る相関演算手段33と、相互相関値から遅延プロファイルを生成して希望波及び遅延波に関する相互相関値を求め、相互相関値から伝搬パス毎の信号の遅延時間37、相関位相38、希望波と遅延波の比であるDU比を算出する伝搬パラメータ算出手段39を有する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT