カラー画像信号符号化装置

開放特許情報番号
L2011002913
開放特許情報登録日
2011/6/24
最新更新日
2011/6/24

基本情報

出願番号 特願2006-062051
出願日 2006/3/8
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2007-243515
公開日 2007/9/20
登録番号 特許第4714044号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 カラー画像信号符号化装置
技術分野 情報・通信、電気・電子
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 色再現性に優れたカラー画像符号化装置としてテレビ分野等で広く利用される。
目的 カラー再現性に優れたカラー画像符号化装置を実現し、更に、彩度の高い領域の画質低下を抑制したカラー画像符号化装置を提供する。
効果 輝度信号に対する三原色RGBの寄与率を考慮して、量子化制御情報を補正しているので、彩度の高い画像領域の符号化劣化を適切に抑制することができ、カラー再現性に優れたカラー画像符号化装置を実現することできる。
技術概要
分割されたブロックの輝度信号及び2つの色差信号を受け取り、視覚特性に基づく制御情報を出力する視覚特性演算手段6を有し、視覚特性演算手段6は、各ブロックの輝度信号の分散値を算出する手段と、輝度信号の直流成分を出力する手段と、輝度信号及び2つの色差信号から三原色RGBの直流成分を測定する手段と、輝度信号の直流成分と三原色RGBの直流成分との比率を演算する手段とを有する。量子化制御手段4は、輝度信号の分散値と発生符号量とに基づいて量子化制御情報を発生する量子化制御情報発生手段と、輝度信号の直流成分と三原色の直流成分との比率を用いて量子化制御情報を補正する手段とを有し、補正された量子化制御情報を量子化手段3に供給する、カラー画像信号符号化装置である。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT