画像歪補正装置

開放特許情報番号
L2011002910
開放特許情報登録日
2011/6/24
最新更新日
2011/6/24

基本情報

出願番号 特願2006-056317
出願日 2006/3/2
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2007-233833
公開日 2007/9/13
登録番号 特許第4740769号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 画像歪補正装置
技術分野 情報・通信、電気・電子
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 可視動画像と不可視動画像の画像歪を実時間補正することのできる画像歪補正装置としてテレビ分野等で広く利用される。
目的 可視動画像と不可視動画像の画像歪を実時間補正することのできる画像歪補正装置を提供する。
効果 光学歪補正後の可視画像と不可視画像の間のズレを補正することにより、可視画像と不可視画像の画像歪を実時間補正することができるという効果を有する。
技術概要
可視画像を取得する可視画像取得手段1と、不可視画像を取得する不可視画像取得手段2と、可視画像取得手段および不可視画像取得手段の画像取得条件の関数である可視画像光学歪補正値および不可視画像光学歪補正値を記憶する補正値記憶手段3と、可視画像取得手段および不可視画像取得手段の画像取得条件の関数として補正値記憶手段から読み出される可視画像光学歪補正値および不可視画像光学歪補正値に基づいて可視画像および不可視画像の画像歪を補正する画像歪補正手段4とを含む、画像歪補正装置である。尚、画像歪補正値および画像歪補正信頼度算出部が、補正値記憶手段に記憶された不可視画像光学歪補正値および光学歪補正信頼度の値を、画像歪補正値および画像歪補正信頼度の値に更新する更新部731を備える。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT