コンテンツ配信装置およびコンテンツ受信装置

開放特許情報番号
L2011002902
開放特許情報登録日
2011/6/24
最新更新日
2011/6/24

基本情報

出願番号 特願2005-351496
出願日 2005/12/6
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2007-158745
公開日 2007/6/21
登録番号 特許第4728789号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 コンテンツ配信装置およびコンテンツ受信装置
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 ネットワークにコンテンツを配信するコンテンツ配信装置に適用する。
目的 特定のコンテンツ分割手段と配信手段から構成されるコンテンツ配信装置を提供する。
効果 利用者端末の数が増加し、アクセス数が増大しても、コンテンツの安定した配信を行うことができるコンテンツ配信装置が可能になる。
技術概要
ネットワーク上に配信する際の配信方法と配信先である複数の送信路とを設定した全体情報に基づいて、コンテンツを所定単位時間に分割して、このコンテンツを分割した分割ファイルごとに分割ファイルが連続する番号と送信路と所定単位時間とを示す個別情報を付加するコンテンツ分割手段9と、このコンテンツ分割手段9で分割された分割ファイルを同期させて、送信路に向け、ループ再生によるマルチキャスト配信を行うコンテンツ配信手段11と、を備えるコンテンツ配信装置1にする(図)。これによって、コンテンツ配信受信システムSでは、受信側(コンテンツ受信装置3)からのアクセス数が増大しても、配信側(コンテンツ配信装置1)において、コンテンツ(分割ファイル)の配信の負荷が一定となり、且つ、受信側において、所望のコンテンツを取得するまでのアクセス時間の短縮や、コンテンツ内でジャンプした際のレスポンスの向上を図ることができる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT