コンテンツメタデータ編集装置およびコンテンツメタデータ編集プログラム

開放特許情報番号
L2011002873
開放特許情報登録日
2011/6/24
最新更新日
2011/6/24

基本情報

出願番号 特願2005-147543
出願日 2005/5/20
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2006-325047
公開日 2006/11/30
登録番号 特許第4649266号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 コンテンツメタデータ編集装置およびコンテンツメタデータ編集プログラム
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 コンテンツメタデータ編集装置およびコンテンツメタデータ編集プログラム
目的 統合する情報の数が増加しても、イベントの抽出精度を低下させずに、イベントの正確な抽出を行うことができるコンテンツメタデータ編集装置およびコンテンツメタデータ編集プログラムを提供する。
効果 統合する情報の数が増加しても、増加数に応じたテンプレートを用いれば、イベントの抽出精度を低下させずに、イベントの正確な抽出を行うことができる。また、テンプレートに基づいて統合された統合メタデータを、編集者は、再生表示されたコンテンツを見ながら、指示情報を入力することで編集することができ、イベントの抽出精度を低下させずに、イベントの正確な抽出を行うことができる。さらに、統合メタデータを自在に入出力して、編集を行うことができる。
技術概要
図1のコンテンツメタデータ編集装置1は、コンテンツに付与されている区間メタデータを編集して、コンテンツの経過時間(進行時間)に沿って発生する何らかのイベントごとに統合する。テンプレート取得手段3は、外部から既存の(予め作成しておいた)テンプレートを入力する。区間メタデータ取得手段5は、コンテンツに付与されている区間メタデータを取得する。テンプレートマッチング手段7は、テンプレート取得手段3で取得されたテンプレートと、区間メタデータ取得手段5で取得された区間メタデータとのマッチングを取って(照合して)、マッチングを取った結果(照合結果)を、統合メタデータとして、統合メタデータ蓄積手段9に出力する。統合メタデータ蓄積手段9は、テンプレートマッチング手段7でテンプレートとマッチングされた区間メタデータ、すなわち、マッチングしたテンプレートで定義されたイベントと、時刻情報(経過時間上(コンテンツ時間軸上)での発生時刻、開始時刻、終了時刻)とが統合された統合メタデータを蓄積する。区間メタデータ統合処理制御手段11では、各手段を制御する各種の制御信号を出力する。図2はフローチャートである。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT