音声合成用読み上げテキストデータ選択プログラムおよび音声合成用読み上げテキストデータ選択装置

開放特許情報番号
L2011002859
開放特許情報登録日
2011/6/24
最新更新日
2011/6/24

基本情報

出願番号 特願2004-213332
出願日 2004/7/21
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2006-030892
公開日 2006/2/2
登録番号 特許第4741208号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 音声合成用読み上げテキストデータ選択プログラムおよび音声合成用読み上げテキストデータ選択装置
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 音声合成用読み上げテキストデータ選択プログラムおよび音声合成用読み上げテキストデータ選択装置
目的 部分集合である読み上げテキストデータを選択するたびに、構成要素である音声データ数の再計算やソート処理を実行する必要がなく、処理時間を短縮することができ、音声データを展開するメモリーの容量を抑制することができる音声合成用読み上げテキストデータ選択プログラムおよび音声合成用読み上げテキストデータ選択装置を提供する。
効果 入力された読み上げテキストデータを音声データ単位に分割する際に、1つ1つの読み上げテキストデータをメモリ等に展開したまま保持せずに、音声データ単位の数が最大値の読み上げテキストデータを逐次選択していくことで、読み上げテキストデータを選択するたびに、音声データ数の再計算やソート処理を実行する必要がなく、処理時間を短縮することができ、音声データを展開するメモリーの容量を抑制することができる。
技術概要
図1は、音声合成用読み上げテキストデータ選択装置のブロック図である。音声合成用読み上げテキストデータ選択装置1は、無作為に収集した読み上げテキストデータを入力すると、音声合成用データベースを作成するのに、最小限のデータ量となる選択読み上げテキストデータ(音声合成用読み上げテキストデータ)を出力するもので、装置1の外部から任意数の読み上げテキストデータを入力する読み上げテキストデータ入力手段3と、読み上げテキストデータ入力手段3で入力された読み上げテキストデータを、音声データ単位辞書記憶手段7に記憶されている音声データ単位辞書を参照して分割する読み上げテキストデータ分割手段5と、を備える。さらに、音声データ単位辞書記憶手段7と、音声データ単位カウント手段9と、読み上げテキストデータ選択手段11と、読み上げテキストデータ選択手段11で選択された読み上げテキストデータを、選択読み上げテキストデータ(音声合成用読み上げテキストデータ)として出力する選択読み上げテキストデータ出力手段13とを備える。図2は図1に示した音声合成用読み上げテキストデータ選択装置の動作を説明したフローチャートである。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT