波長変換装置

開放特許情報番号
L2011002830
開放特許情報登録日
2011/6/17
最新更新日
2012/12/21

基本情報

出願番号 特願2011-071614
出願日 2011/3/29
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2012-208162
公開日 2012/10/25
発明の名称 波長変換装置
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造、その他
適用製品 波長変換装置
目的 光通信システムにおいて、光信号の波長変換に適する、小型で集積可能であり、ASE光の混入や光フィルタによるS/N劣化の少ない波長変換装置を提供する。
効果 サブバンド間遷移光半導体素子を用いるので、従来の光半導体増幅器と異なり、利得を有さないことから、ASE雑音の付加がないという効果がある。さらに、サブバンド間遷移光半導体素子でマッハツェンダー干渉計を構成することにより、励起光と変換光を分離することができ、S/Nの劣化が減少する。
技術概要
サブバンド間遷移により屈折率が変化するサブバンド間遷移光半導体素子を備え、
サブバンド間遷移吸収を生じる偏波を有する入力信号光と、第一の励起光とを、前記サブバンド間遷移光半導体素子に入射して吸収させるとともに、サブバンド間遷移吸収を生じない偏波を有する第二の励起光を前記サブバンド間遷移光半導体素子に伝搬させて、入力信号光の強度情報と位相情報を有し、入力信号光とは波長の異なった出力信号光を生成することを特徴とする波長変換装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT