揮発性有機化合物の分解除去方法

開放特許情報番号
L2011002820
開放特許情報登録日
2011/6/17
最新更新日
2016/3/23

基本情報

出願番号 特願2011-066076
出願日 2011/3/24
出願人 国立研究開発法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2012-200648
公開日 2012/10/22
登録番号 特許第5867670号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 揮発性有機化合物の分解除去方法
技術分野 機械・加工
機能 材料・素材の製造、その他
適用製品 揮発性有機化合物をオゾン及び触媒を用いて分解除去する方法
目的 高温だけでなく室温付近の低温においても、ガス中の揮発性有機化合物をオゾン及び環境リスクの少ない触媒により効率良く酸化分解して二酸化炭素に転換することができるとともに、ギ酸等の有機副生成物の生成を抑制することのできる揮発性有機化合物の処理方法を提供する。
効果 銀ナノ粒子を酸化ジルコニウムに担持させた複合酸化物を触媒として使用することにより、ガス気流中の揮発性有機化合物を極めて効率よく二酸化炭素に変換できるとともに、ギ酸等の有機副生成物の生成を抑制することができる。
技術概要
酸化ジルコニウムに対して銀ナノ粒子を1.0重量%〜20重量%担持した触媒とオゾンを用いて揮発性有機化合物を分解し除去することを特徴とする揮発性有機化合物の分解除去方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT