αFeSi2基及びβFeSi2基低摩擦合金、該低摩擦合金からなる摺動部材、及び、該低摩擦合金の製造方法

開放特許情報番号
L2011002815
開放特許情報登録日
2011/6/17
最新更新日
2015/10/1

基本情報

出願番号 特願2011-064122
出願日 2011/3/23
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2012-197210
公開日 2012/10/18
登録番号 特許第5618088号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 αFeSi2基及びβFeSi2基低摩擦合金、該低摩擦合金からなる摺動部材、及び、該低摩擦合金の製造方法
技術分野 化学・薬品、無機材料、機械・加工
機能 材料・素材の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 αFeSi↓2基及びβFeSi↓2基低摩擦合金やその製造方法
目的 エタノール中で低摩擦・低摩耗を示す低摩擦合金や摺動部材、及び、該低摩擦合金の製造方法を提供する。
効果 本発明のαFeSi↓2基合金又はβFeSi↓2基低摩擦合金は、現用の鋳鉄に置き換えうる材料ということができる。また本発明のαFeSi↓2基あるいはβFeSi↓2基低摩擦合金の製造方法は、前述のようなαFeSi↓2基あるいはβFeSi↓2基低摩擦合金をそれぞれ製造することができる。
FeSi↓2基低摩擦合金はバイオエタノール自動車エンジンのシリンダライナー、ピストンリングなど、エタノール存在下の各種の摺動部材への応用が期待される。
技術概要
αFeSi↓2単相、又は、αFeSi↓2相とFeSi相あるいはαFeSi↓2相とSi相の2相、又は、αFeSi↓2相とFeSi相と Si相の3相から構成され、合金中のFeとSiの原子比が35:65から20:80までの範囲内であり、純度90%以上のエタノール中においてSi↓3N↓4からなる部材相手に低摩擦を示すαFeSi↓2基低摩擦合金であることを特徴とする。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT