酵母を用いた糖ヌクレオチドの合成

開放特許情報番号
L2011002811
開放特許情報登録日
2011/6/17
最新更新日
2016/4/19

基本情報

出願番号 特願2011-059434
出願日 2011/3/17
出願人 国立研究開発法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2012-191905
公開日 2012/10/11
登録番号 特許第5881035号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 酵母を用いた糖ヌクレオチドの合成法
技術分野 有機材料、食品・バイオ
機能 材料・素材の製造、その他
適用製品 酵母菌体内で高効率にGDP−フコースなどの糖ヌクレオチド(GDP−糖化合物)を合成する方法
目的 酵母細胞内での効率的なGDP-L-Fuc又はL-FucアナログのGDP糖化合物の合成方法を提供する。
効果 B.fragilis由来のFKP遺伝子を導入した形質転換酵母は、培地中に基質となるL-フコース(L-Fuc)を添加しておくだけで、salvage経路により直接GDP-フコース(GDP-L-Fuc)を効率的に変換することができるため、当該形質転換酵母を用いたGDP-フコース(GDP-L-Fuc)合成方法により、簡便でかつ高効率でGDP-L-Fucを酵母菌体内に蓄積することができる。
技術概要
B.fragilisなど由来のL-フコキナーゼ/GDP-L-フコースピロフォスフォリラーゼ(FKP)遺伝子を導入し、salvage経路を移植した形質転換酵母。及び該酵母を用いた、効率的なGDP-L-Fuc又はGDP-D-AraなどのL-FucアナログのGDP糖化合物の合成方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT