コンタクト相手制御方法

開放特許情報番号
L2011002721
開放特許情報登録日
2011/6/10
最新更新日
2011/6/10

基本情報

出願番号 特願2006-235512
出願日 2006/8/31
出願人 富士通エフ・アイ・ピー株式会社
公開番号 特開2008-060917
公開日 2008/3/13
登録番号 特許第4664255号
特許権者 富士通エフ・アイ・ピー株式会社
発明の名称 通話装置、及び、通話制御方法、並びに、プログラム
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 コンタクト相手制御装置
目的 電話でコンタクトしてきた相手を自分との信頼関係で通話制限する
効果 電話は、それを受ける側の時間や場所の都合に関わらずかかってくるので、電話が鳴った時の状況や発信者に応じて通話するか否かを決められる
技術概要
 
(1)通話相手を、会社・身内・友達などのグループに分けて登録し、更にグループ属性に応じて相手の親密度レベルを設定する。 (2)また、仕事中・休暇中など、電話がかかってくる時の状況(モード)をいくつか想定し、各モードにおいて電話がかかってきた時に通話や録音、あるいは切断するなどを各グループの各親密度レベル毎に設定した情報をポリシー情報として登録しておく。 (3)日常、TPOに応じてポリシーを選択しておく。 (4)相手から電話が来た場合、現時点で選択されているポリシー情報により、同ポリシー(モード)で設定されている通話相手の属するグループと親密度レベルが認識され、親密度に対応した接続制御が判定される。 (5)接続制御判定により、通話相手に対し、“通話”、“録音”等が自動的に行われる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 通常実施権

アピール情報

アピール内容 電話でコンタクトしてきた相手を自分との信頼関係で通話制限する

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT