月経周期推定装置および月経周期推定方法

開放特許情報番号
L2011002708
開放特許情報登録日
2011/6/10
最新更新日
2012/11/27

基本情報

出願番号 特願2007-114211
出願日 2007/4/24
出願人 公立大学法人会津大学
公開番号 特開2008-264352
公開日 2008/11/6
登録番号 特許第5099751号
特許権者 公立大学法人会津大学
発明の名称 月経周期推定装置および月経周期推定方法
技術分野 生活・文化、情報・通信
機能 機械・部品の製造、検査・検出
適用製品 月経周期推定装置
目的 複数日に亘る体温の計測データに基づいて被測定者の体温の二相性を明確に把握することができる月経周期推定装置および月経周期推定方法を提供する。
効果 体温データ系列を用いて高温相および低温相の2つの状態をもった隠れマルコフモデルを構築し、隠れマルコフモデルが体温データ系列を出力する最尤の状態系列を求めるから、この状態系列に含まれる状態を判定することによって、体温データ系列を測定した複数日に亘る被測定者の状態を特定することができる。この結果、体温データ系列に外気等の影響によって計測のアーチファクトが生じる場合でも、被測定者の二相性を明確に把握することができる。
技術概要
図1はウエアラブルセンサ装置を被測定者が装着した状態を示す外観図、図2はウエアラブルセンサ装置と外部の処理装置とから構成した月経周期推定装置を示す説明図、である。女性用月経周期推定装置および女性用月経周期推定方法では、センサ装置1のコントロールユニット5は、体温検出部3を用いて被測定者H0の就寝中に検出した体温検出データD1を外部の処理装置11に転送する。そして、処理装置11は、複数日分の体温検出データD1を時系列に連結して体温データ系列Oを生成すると共に、この体温データ系列Oを用いて月経周期における低温相q↓1および高温相q↓2に対応する2つの隠れ状態をもった隠れマルコフモデルHMMを構築する。これにより、処理装置11は、隠れマルコフモデルHMMが体温データ系列Oを出力する最尤の状態系列Q↑*を演算し、状態系列Q↑*に基づいて体温を計測した複数日間における被測定者H0の体温の二相性を推定する。図3は、月経周期推定処理を示す流れ図、図4は図3中の隠れマルコフモデルの構築処理を示す流れ図、である。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT