多変数テスト関数生成装置、多変数テスト関数生成システム、多変数テスト関数生成方法および多変数テスト関数を生成するためのプログラム

開放特許情報番号
L2011002705
開放特許情報登録日
2011/6/10
最新更新日
2012/7/27

基本情報

出願番号 特願2006-034344
出願日 2006/2/10
出願人 公立大学法人会津大学
公開番号 特開2007-213442
公開日 2007/8/23
登録番号 特許第4997525号
特許権者 公立大学法人会津大学
発明の名称 多変数テスト関数生成装置、多変数テスト関数生成システム、多変数テスト関数生成方法および多変数テスト関数を生成するためのプログラム
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 多変数テスト関数生成装置、多変数テスト関数生成システム、および多変数テスト関数を生成するためのプログラム
目的 理解可能であって更に構築のための計算量および計算時間を短縮させることが可能な多変数テスト関数を生成するための多変数テスト関数生成装置、多変数テスト関数生成システム、多変数テスト関数生成方法および多変数テスト関数を生成するためのプログラムを提供する。
効果 使用確率変数が所定値以上の訓練用データのみ、つまり誤判断率の高い訓練用データのみを繰り返し用いて分類データのデータ情報を修正(更新)することによって、データ情報の更新に使用する訓練用データ量を減らしつつ、効率よく分類データの修正(更新)を行うことができ、全ての訓練用データを複数回使用して分類データの更新を行う場合に比べて処理量を減少させ、処理スピードを高めることが可能となる。
技術概要
図1は、多変数テスト関数生成システム1の概略構成を示したブロック図である。多変数テスト関数生成システム1は、多変数テスト関数を生成するために用いられる訓練用データが記録される訓練用データ記録部(訓練用データ記録手段)2と、多変数テスト関数を生成するための演算処理部3と、演算処理部3により作成された多変数テスト関数を記録する多変数テスト関数記録部(多変数テスト関数記録手段)4とを有する。訓練用データ記録部2は、メモリ、ハードディスク、フレキシブルディスク、光学記録装置(例えば、CD−ROM、DVDROM等)等のデータを記録・読み出し可能な装置で構成され、必要に応じてこれらに記録された訓練用データを読み出すことが可能な構成となっている。演算処理部3は、最近傍識別器(NNC)という多変数テスト関数を生成する。図2は演算制御部が訓練用データに最適なプロトタイプを求める過程を説明するために用いた図、図3は演算制御部がNNCを生成する過程を示したフローチャート、図4は演算制御部がNNCを生成する過程を示した他のフローチャートである。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

導入メリット 【改善】
改善効果1 データの要素データに基づく空間位置と分類データのデータ情報に基づく空間位置との距離により最適な分類データを求めて、その分類データのクラス情報に基づいてデータの分類を行うので、多変数テスト関数を用いた判断方法を容易に理解することができ、ODT(Oblique Decision Tree)のように判断方法がブラックボックス化してしまうことを回避することができる。
改善効果2 さらに、多変数テスト関数生成装置等を用いることによって、多変数決定木の構築を高速に行うことが可能となる。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT