生体センサ装置

開放特許情報番号
L2011002693
開放特許情報登録日
2011/6/10
最新更新日
2011/6/10

基本情報

出願番号 特願2004-067782
出願日 2004/3/10
出願人 公立大学法人会津大学
公開番号 特開2005-253610
公開日 2005/9/22
登録番号 特許第4633374号
特許権者 公立大学法人会津大学
発明の名称 生体センサ装置
技術分野 生活・文化、情報・通信
機能 機械・部品の製造、検査・検出
適用製品 生体センサ装置
目的 ユーザによる操作を極力減らし、服装のように着用するだけで簡単に利用可能な生体センサ装置を提供する。
効果 心電電極がベルトに組み込まれているので、ベルトをユーザの胸部付近に装着することにより、ユーザの心電情報を収集することができる。
技術概要
図1は、センサベルトを使用した全体的なシステムの構成を示すブロック図である。図2は、センサベルト12を示す。センサベルト12は、身体の胸部辺りに直接装着するもので、背中または胸部に着脱用のマジックテープ、ホックまたはスナップを備える。女性のブラジャーと同様の態様でブラジャーの下端付近で身体に取り付けられる。図3(A)は、センサベルト12の接続部13を、図3(B)は、生体センサ処理装置14の概念的な構造を示す。生体センサ処理装置は、カード形式のモジュールであり、接続部13に差し込むためのプラグ部14Aをもつ。プラグ部14Aは、接続部13のスロット15の中に設けられているバネ状のコンタクトと接触する端子14Bを備える。バネ状のコンタクトは、センサベルトに取り付けられた各種の電極およびセンサに電気的に接続されている。生体センサ処理装置14の端子14Bは、生体センサ処理装置のインターフェイス26の各部に電気的に接続される。一部の端子は、生体センサ処理装置のバッテリ45に接続されている。図4は生体センサ処理装置の機能ブロック図である。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT