遠心ポンプを用いた全置換型人工心臓およびその制御システム

開放特許情報番号
L2011002621
開放特許情報登録日
2011/6/10
最新更新日
2011/6/10

基本情報

出願番号 特願2009-226772
出願日 2009/9/30
出願人 国立大学法人東北大学
公開番号 特開2011-072533
公開日 2011/4/14
発明の名称 遠心ポンプを用いた全置換型人工心臓およびその制御システム
技術分野 生活・文化、機械・加工
機能 機械・部品の製造、安全・福祉対策
適用製品 遠心ポンプを用いた全置換型人工心臓およびその制御システム
目的 2つの血液ポンプをコンパクトに組み合わせた、小型かつ軽量で長寿命な遠心ポンプを用いた全置換型人工心臓およびその制御システムを提供する。
効果 遠心型血液ポンプの流入口の開口を工夫して2つの血液ポンプをコンパクトに組み合わせることで、小型かつ軽量で長寿命な遠心ポンプを用いた全置換型人工心臓およびその制御システムを構築できる。
技術概要
(a)流入口6と、該流入口に接続される螺旋状流路7と、該螺旋状流路に接続されるとともに外周辺部から導出される流出口8とを具備する第1のハウジング9と、該第1のハウジング9に組み合わせられる、インペラ5と、該インペラ5に連結されるロータとしてのマグネット4と、該マグネット4を駆動するステータ2と、軸受部を有する第1のケース3とを具備する左心用血液ポンプ1と、(b)第1のハウジング9と対向して配置される、流入口13と、該流入口に接続される螺旋状流路と、該螺旋状流路に接続されるとともに外周辺部から導出される流出口とを具備する第2のハウジングと、該第2のハウジングに組み合わせられる、インペラ17と、該インペラに連結されるロータとしてのマグネットと、該マグネットを駆動するステータと、軸受部を有する第2のケース19とを具備する右心用血液ポンプ11とを具備し、(c)左心用血液ポンプ1と右心用血液ポンプ11を一体化し、小型軽量化した。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

導入メリット 【 】
改善効果1 遠心ポンプの流入口から流出口にかけてスムーズなヘリカルフローを形成することで、血栓と溶血を予防し、解剖学的適合性を大きく向上させることができる。また、両心房圧、肺動脈圧、大動脈圧をモニターし、自動制御システムを使って血行動態を一定の値に保つフィードバック制御を行うことで、人体と遜色のない血行動態自動制御を具現化できた。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT