海洋深層水に由来する機能性素材およびその用途

開放特許情報番号
L2011002586
開放特許情報登録日
2011/6/3
最新更新日
2011/6/3

基本情報

出願番号 特願2007-082051
出願日 2007/3/27
出願人 国立大学法人高知大学
公開番号 特開2007-291080
公開日 2007/11/8
発明の名称 海洋深層水に由来する機能性素材およびその用途
技術分野 化学・薬品、食品・バイオ
機能 材料・素材の製造、食品・飲料の製造、安全・福祉対策
適用製品 海洋深層水に由来する機能性素材、海洋深層水の脱塩水、血小板凝集抑制作用を有する医薬品・健康食品、コレステロール合成抑制作用を有する医薬品・健康食品、動脈硬化抑制作用を有する医薬品・健康食品、海洋深層水に由来する抗血小板剤・抗コレステロール剤・抗動脈硬化剤
目的 近年、有効性に加え安全性が高く長期使用並びに個人管理下で使用可能な抗血小板剤が切望されている。また、生活習慣の欧米化に伴い、コレステロール低下作用、中性脂肪低下作用又は抗動脈硬化作用を有する医薬組成物や食品が嘱望されている。そこで、生理学的及び薬理学的な有効作用に加え、安全性に優れ、医薬品、食品又は飼料として長期服用可能な海洋深層水に由来する血小板凝集抑制作用、抗コレステロール作用、又は抗動脈硬化作用を有する画分を、疾患の予防又は治療を目的とする医薬品、食品又飼料の有効成分として提供する。
効果 この機能性素材は、血小板凝集抑制作用、コレステロール合成抑制作用、又は動脈硬化抑制作用といった生理学的及び薬理学的作用を有しているため、医薬品、健康食品及び飼料の成分、特に血栓性疾患、高コレステロール性疾患、又は動脈硬化性疾患の予防又は治療を目的として使用される医薬品、健康食品又は飼料の有効成分として有効に利用できる。また、この医薬品、食品又は飼料は、日常的に摂取できる海洋深層水またはその脱塩水から得られる素材を原料とするものであるため安全性が高く、長期服用及び医師によらない個人管理が可能である。
技術概要
機能性素材として海洋深層水またはその脱塩水の有機画分、好ましくは海洋深層水またはその脱塩水を疎水性吸着剤に供し、次いでこの吸着剤を水で洗浄した後、有機溶媒で溶出して得られる画分を用いる。この機能性素材は、血小板凝集抑制作用を有し抗凝固用途に用いられ、コレステロール合成抑制作用を有し、抗コレステロール用途に用いられ、あるいはまた、動脈硬化抑制作用を有し、抗動脈硬化用途に用いられる。これ等機能性素材を有効成分とする医薬品、食品または飼料が提供される。海洋深層水は、海面下200メートル以深の深海、例えば陸棚外縁部以深の深海から取水された清浄な海水である。図は、室戸岬海洋深層水ミネラルウォーターを投与前後のウサギにおける血小板凝集試験(コラーゲン刺激)結果、蒸留水(Control)または海洋深層水の有機画分(Organic substance)を投与した自然発症動脈硬化ウサギについての動脈硬化巣の面積比較、および、蒸留水または海洋深層水の有機画分を投与した自然発症動脈硬化ウサギについて、投与前(Pre)と投与後に測定した(A)血清中の総コレステロール量(TCHO)、および(B)血清中のLDLコレステロール量(LDL)を示す。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT