半翅目害虫、アザミウマ目害虫、またはダニ目害虫に対する防除剤

開放特許情報番号
L2011002574
開放特許情報登録日
2011/6/3
最新更新日
2014/11/20

基本情報

出願番号 特願2010-027642
出願日 2010/2/10
出願人 国立大学法人高知大学
公開番号 特開2010-209062
公開日 2010/9/24
登録番号 特許第5618266号
特許権者 国立大学法人高知大学
発明の名称 半翅目害虫、アザミウマ目害虫、またはダニ目害虫に対する防除剤
技術分野 食品・バイオ、有機材料、化学・薬品
機能 食品・飲料の製造、材料・素材の製造、環境・リサイクル対策
適用製品 害虫防除剤、半翅目害虫防除剤、アザミウマ目害虫防除剤、ダニ目害虫防除剤、コナジラミ類・カメムシ類またはアブラムシ類の防除剤、スクアレン、非環式トリテルペン、ビタミンE、α−トコフェロール
目的 半翅目害虫、アザミウマ目害虫、またはダニ目害虫による作物被害が深刻化している。また、最近では、既存の殺虫剤に対して抵抗性を獲得した薬剤耐性のものが出現するなどし、半翅目害虫、更にはアザミウマ目害虫類による被害が深刻化している。そこで、コナジラミ類やカメムシ類などの半翅目害虫、アザミウマ目害虫、またはダニ目害虫に対する有用な防除剤を提供する。半翅目害虫について言えば、半翅目害虫の産卵行動を強く抑制することによって優れた防除効果を発揮し得る半翅目害虫防除剤を提供する。
効果 コナジラミ類やカメムシ類などの半翅目害虫、アザミウマ目害虫、およびダニ目害虫の全てに対して、著しい駆除作用を発揮し得る防除剤を提供することができた。用いられるスクアレンおよびビタミンEは、半翅目害虫産卵阻害剤として極めて有用であり、しかも、いずれも人体に対する影響が非常に少ない。そのため、この防除剤は、害虫駆除に一般に用いられる有害な物質とは異なって、農作物や土壌などに悪影響をもたらすことがなく、環境破壊を招かない点でも有用である。また、天敵昆虫を利用した防除技術との併用も可能である。
技術概要
スクアレン又はビタミンEを有効成分として含有する半翅目害虫、アザミウマ目害虫、又はダニ目害虫に対する防除剤である。スクアレン及びビタミンEは、コナジラミ類やカメムシ類等の半翅目害虫に対して強い産卵阻害作用を有しており、半翅目害虫に対する防除剤として極めて有用である。殺虫剤ではなく、忌避剤でもなく、産卵阻害作用によって半翅目害虫を防除(駆除)できる点は非常に有用である。また、スクアレン及びビタミンEは、ダニ目害虫に対する防除剤としても極めて有用である。防除剤の剤型は特に限定されず、粉剤、粒剤、ベート剤等として用いられるが、半翅目害虫への散布のし易さ等を考慮すると、溶媒に溶解した液剤とすることが好ましい。スクアレンを液剤として用いる場合、スクアレンの好ましい濃度は、おおむね、0.001質量%以上、0.1質量%以下である。ビタミンEを液剤として用いる場合は、おおむね、0.01質量%以上、0.1質量%以下が好ましい。防除剤を基材に担持させた成形物として用いても良い。図は、スクアレンの濃度変化による活性(コナジラミに対する産卵阻害率)、及び、スクアレン及びビタミンEのホソヘリカメムシに対する産卵阻害活性を示す。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT