仮止めテープカッター

開放特許情報番号
L2011002559
開放特許情報登録日
2011/5/27
最新更新日
2011/6/17

基本情報

出願番号 特願2007-312152
出願日 2007/12/3
出願人 横田 正判
公開番号 特開2009-096635
公開日 2009/5/7
登録番号 特許第4713564号
特許権者 横田 正判
発明の名称 テープカッター
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造、接着・剥離
適用製品 工場等で製品に組み込まれる中間部品、組立作業、仮梱包、仮止め、粘着面
目的 従来のテープカッターでは、粘着テープを仮梱包又は仮止めに使用する際に、粘着テープに剥離用の非粘着面を形成するのに手間がかかることに鑑み、粘着テープに剥離用の紙片を安全かつ容易に貼着可能とし、紙片の供給・交換や粘着テープへの紙片の貼着位置を迅速に変更できるテープカッターの提供。
効果 刃体が昇降可能なので、刃体に手を突いた際に刃体が降下して、怪我を防止でき安全である。また、刃体の降下を規制するロック部材を有すると、粘着テープに紙片を貼着させないで切断できる。また、紙片カセットに前方誘導面を形成していると、刃体に紙片の前方端縁を接近させて粘着テープの前方切断縁に紙片を貼着できる。また、紙片カセットを前後方向に入れ換え自在とすることで、粘着テープの前方切断縁から紙片の前方端縁を離して粘着テープに貼着することができる。
技術概要
この技術では、テープカッターは、粘着テープをロール状に巻いた粘着テープ巻体に取着した保持輪を回転可能に枢支する基台を有するテープカッターに於て、粘着テープ巻体から前方へ引き出される粘着テープを切断可能な刃体と、複数の紙片を積み重ねた紙片集合体を保持可能な紙片カセットと、紙片カセットを上方に弾発付勢する第1弾性部材を有し紙片カセットを交換自在に収納した昇降カセットと、刃体を上方に弾発付勢する第2弾性部材と、刃体と昇降カセットを連動させる連動部材とを、基台に備え、刃体を昇降可能に設けると共に、刃体の後方に昇降カセットを昇降可能に設け、連動部材を刃体と昇降カセットが上下逆方向に昇降運動するように設けて、最上位置の紙片を粘着テープに貼着するように構成したものである。このテープカッターによれば、粘着テープに剥離用の紙片を(自動的に)貼着できる。また、刃体と昇降カセットが、上下逆方向に昇降するように設けているので、刃体で粘着テープを切断すると共に粘着テープに容易に紙片を貼着できる。
イメージ図
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

出展実績 発明学会大賞受賞

登録者情報

登録者名称 横田 正判

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT