マグネシウムアルミニウム水酸化物及びその製造方法

開放特許情報番号
L2011002527
開放特許情報登録日
2011/5/27
最新更新日
2014/11/26

基本情報

出願番号 特願2002-380092
出願日 2002/12/27
出願人 日鉄鉱業株式会社
公開番号 特開2004-210567
公開日 2004/7/29
登録番号 特許第4177095号
特許権者 日鉄鉱業株式会社
発明の名称 マグネシウムアルミニウム水酸化物及びその製造方法
技術分野 化学・薬品、金属材料、無機材料
機能 材料・素材の製造、その他
適用製品 高比表面積、高細孔容積、高吸油性、高吸水性、多孔性、低嵩密度等の優れた特性を用いた工業用素材
目的 新規形状を有し、その形状に由来した種々の優れた特性を発現するマグネシウムアルミニウム水酸化物及びその製造方法を提供する。
効果 従来のマグネシウムとアルミニウムの複水酸化物は、製造工程が煩雑であったり、必要とする原料が効果であることなどにより工業用素材として広く使用されるには至っていない。本発明は、その課題を解決するとともに他分野への用途拡大、高性能化、高機能化等のため、新規な形状をもち、その形状に由来する優れた特性を発揮するマグネシウムアルミニウム水酸化物及びその製造方法を提供できる。
技術概要
 
本発明はマグネシウムアルミニウム水酸化物及びその製造方法を提供するものであり、そのうちマグネシウムアルミニウム水酸化物は、管状という新規かつ独特な粒子形状を有することを特徴とする。また、本発明の製造方法は、塩基性炭酸マグネシウムの薄片状微細結晶からなる管状凝集粒子の水性懸濁液に、前期塩基性炭酸マグネシウム中に含有されるMgO100gあたり、アルミン酸アルカリをAl₂O₃換算で50g以上添加することにより、管状粒子であるマグネシウムアルミニウム水酸化物を得ることを特徴とする。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 本発明によるマグネシウムアルミニウム水酸化物は、管状という独特の形状により、高比表面積、高細孔容積、高吸油性、高吸水性、多孔性、低嵩密度等の種々の優れた特性を有する。したがって、本発明のマグネシウムアルミニウム水酸化物を、各種フィラーや担体として用いることにより、マグネシウムアルミニウム水酸化物自体のもつ難燃性や酸中和能などのほかに、上気した種々の優れた特性が活用でき、製品の高性能化、高機能化に寄与できる。

登録者情報

登録者名称 日鉄鉱業株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT