バイオディーゼル燃料の製造方法

開放特許情報番号
L2011002490
開放特許情報登録日
2011/5/20
最新更新日
2013/5/21

基本情報

出願番号 特願2009-187118
出願日 2009/8/12
出願人 国立大学法人宇都宮大学
公開番号 特開2011-037997
公開日 2011/2/24
登録番号 特許第5230562号
特許権者 国立大学法人宇都宮大学
発明の名称 バイオディーゼル燃料の製造方法
技術分野 有機材料、無機材料、食品・バイオ
機能 材料・素材の製造、環境・リサイクル対策
適用製品 簡便な操作で得られ、カーボンニュートラルな燃料として広く利用される。
目的 触媒の活性を高めつつ、分離回収を容易にする等により実用化(工業生産)をしやすいバイオディーゼル燃料の製造方法を提供する。
効果 触媒の活性を高めつつ、分離回収を容易にする等により実用化(工業生産)をしやすいバイオディーゼル燃料が得られる。
技術概要
原料油脂及び低級アルコールをエステル交換反応によりバイオディーゼル燃料を製造するに際し、カプセル内に存在させた触媒を用いる。尚、カプセル内に原料油脂がさらに存在し、また、カプセルを構成する材料が、アルギン酸類、ペクチン類、カラギーナン類、ポリアクリル酸類、ポリビニルアルコール、及び寒天類からなる群から選ばれる少なくとも1つである。また、触媒が、アルカリ固体触媒、アニオン交換樹脂、ハイドロタルサイト類化合物、及びアルカリ金属を金属酸化物に担持した固体塩基触媒からなる群から選ばれる少なくとも1つである。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 宇都宮大学

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT