血圧特定情報生成装置

開放特許情報番号
L2011002488
開放特許情報登録日
2011/5/20
最新更新日
2013/1/21

基本情報

出願番号 特願2009-137725
出願日 2009/6/8
出願人 国立大学法人宇都宮大学
公開番号 特開2010-279654
公開日 2010/12/16
登録番号 特許第5130590号
特許権者 国立大学法人宇都宮大学
発明の名称 血圧特定情報生成装置
技術分野 情報・通信、食品・バイオ
機能 検査・検出、安全・福祉対策
適用製品 血圧を特定するのに有用な血圧情報を非侵襲的に生成できる装置として医療分野等で広く利用される。
目的 静脈血圧を含む血圧情報をより正確に生成することのできる装置を提供する。
効果 直接画像で血管を可視化するものであり、加えて血中のヘモグロビンによる近赤外光の吸光度が高いという性質を利用するものであるから、より確実に血圧を測定できる。
技術概要
生体の圧迫部位に収縮期血圧を超える圧迫力を付与する第1圧迫期間と、第1圧迫期間の後に圧迫力を漸減させる第2圧迫期間とを与える圧迫部20と、第2圧迫期間において、圧迫部位より遠位に位置する生体の検査部位に近赤外光を照射する光源12と、検査部位を透過した光により形成される透過画像を撮影するカメラ14とを備える撮影部30と、撮影された透過画像の輝度を求めるとともに、求められた輝度を時系列的に繋いで輝度変移曲線を生成する制御部40と、を備える血圧特定情報生成装置1である。尚、第2圧迫期間において、輝度変移曲線において輝度が急減した時の圧迫力を収縮期血圧と判断し、また、第2圧迫期間において、輝度が急減した後に、輝度が上昇に転じた時の圧迫力を静脈血圧と判断する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 宇都宮大学

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT