薄膜太陽電池の評価方法、評価装置および製造方法、並びに透明導電膜電極における直列抵抗の評価方法および評価装置

開放特許情報番号
L2011002450
開放特許情報登録日
2011/5/20
最新更新日
2013/8/28

基本情報

出願番号 特願2009-181855
出願日 2009/8/4
出願人 国立大学法人 奈良先端科学技術大学院大学
公開番号 特開2011-035272
公開日 2011/2/17
登録番号 特許第5288557号
特許権者 国立大学法人 奈良先端科学技術大学院大学
発明の名称 薄膜太陽電池の評価方法、評価装置および製造方法、並びに透明導電膜電極における直列抵抗の評価方法および評価装置
技術分野 電気・電子
機能 機械・部品の製造
適用製品 薄膜太陽電池の直列抵抗を評価する評価装置に適用する。
目的 発光強度測定手段、変化量算出手段等から構成される薄膜太陽電池の性能評価を行う評価装置を提供する。
効果 薄膜太陽電池の直列抵抗成分、特に薄膜太陽電池の透明導電膜電極の直列抵抗成分を評価できる評価装置が可能になる。
技術概要
例えば、薄膜太陽電池を構成する薄膜太陽電池素子に対して、順方向に直流電流を導入する電流導入部11と、電流導入部11が導入した直流電流によって、薄膜太陽電池素子から生じる光の発光強度を測定する発光強度測定部12と、発光強度測定部12が測定した発光強度について、薄膜太陽電池素子の横方向の距離に対する変化量を算出する変化量算出部21と、変化量算出部21が算出した変化量から直列抵抗値を判定する抵抗値判定部22と、変化量算出部21が算出した変化量に基づいて、薄膜太陽電池の直列抵抗値を算出する抵抗値算出部23と、変化量算出部21が算出した変化量に対応する電流値を決定する電流値特定部24と、特定した電流値の中から、最も大きい電流値を薄膜太陽電池素子の作動電流の電流値として決定する作動電流決定部25と、を備える評価装置にする(図)。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT