音場創生装置

開放特許情報番号
L2011002413
開放特許情報登録日
2011/5/20
最新更新日
2014/5/27

基本情報

出願番号 特願2009-034520
出願日 2009/2/17
出願人 学校法人日本大学
公開番号 特開2010-193105
公開日 2010/9/2
登録番号 特許第5505763号
特許権者 学校法人日本大学
発明の名称 音場創生装置
技術分野 電気・電子
機能 機械・部品の製造
適用製品 音場創生装置
目的 特に、スピーカと開放型ヘッドホンを用いて音場を創生する音場創生装置において、頭内定位や不自然な定位感を解消する音場創生装置を提供する。
効果 音場創生装置は、頭内定位や不自然な定位感を解消することが可能である。
技術概要
図1は、音場創生装置の構成を説明するための概略ブロック図である。音場を創出する音場創生装置は、スピーカ20と、反射音生成部30と、開放型ヘッドホン40と、信号処理部50とからなる。スピーカ20は、音源10からの音を出力する。反射音生成部30は、音源10からの音に基づき反射音を生成する。開放型ヘッドホン40は、反射音生成部30からの反射音を出力する。信号処理部50は、開放型ヘッドホン40から出力される反射音が、スピーカ20から出力される音より遅れて聴取者の耳に到達するように、開放型ヘッドホン40から出力される反射音を遅延させる。図2は、他の例の音場創生装置を説明するための概略ブロック図である。この音場創生装置は、さらにマイク60を具備する。マイク60は、スピーカ20から出力される音を受音するように構成され、開放型ヘッドホン40近傍に配置される。マイク60を開放型ヘッドホン40近傍に配置することで、スピーカ20から出力された音が聴取者に届くタイミングで、マイク60によりスピーカ20からの音を受音することが可能となる。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT