眼圧測定装置

開放特許情報番号
L2011002409
開放特許情報登録日
2011/5/20
最新更新日
2014/2/26

基本情報

出願番号 特願2009-017835
出願日 2009/1/29
出願人 学校法人日本大学
公開番号 特開2010-172464
公開日 2010/8/12
登録番号 特許第5435417号
特許権者 学校法人日本大学
発明の名称 眼圧測定装置
技術分野 生活・文化
機能 機械・部品の製造、検査・検出
適用製品 眼圧測定装置
目的 精度の高い眼圧測定を可能とする非接触式の眼圧測定装置を提供する。また、携帯型で、精度の高い眼圧測定を可能とする非接触式の眼圧測定装置を提供する。
効果 非接触式でありながら、眼圧と測定距離とを精度よく測定することが可能となり、精度の高い眼圧測定が可能となる。また、パルス波の振動を効率的に眼球に入射でき、また、眼球からの反射波の振動を効率的に検出することができる。さらに、特別な設備を要せずに眼圧測定が可能となり、携帯型の眼圧測定装置とすることができる。
技術概要
図1は、携帯型で非接触式の眼圧測定装置10の構成を説明する図である。眼圧測定装置10は、被検査者6の頭部に被せるマウント部12と、探触子部20と、探触子部20を保持する保持部16と、保持部16とマウント部12との間の位置関係を調整することができる調整ボール部14と、測定装置本体部50を含んで構成される。探触子部20は、眼球8にパルス波を入射する振動子と、入射されたパルス波が眼球8から反射されてくる反射波を受信する振動検出センサとを含む複合素子で、その中心軸に観察用貫通穴26が設けられる。測定装置本体部50は、眼球8に入射されるパルス波の状態と、入射されたパルス波が眼球8から反射されてくる反射波の状態とに基づいて、眼圧とともに、探触子部20と眼球8との間の距離である測定距離を算出して表示する機能を有する。図2は、探触子部20の構成を説明する図である。図3は眼圧算出部のブロック図である。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT