データベース装置、データベースの管理方法、データベースのデータ構造、データベースの管理プログラムおよびそれを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体

開放特許情報番号
L2011002354
開放特許情報登録日
2011/5/13
最新更新日
2014/1/27

基本情報

出願番号 特願2009-041176
出願日 2009/2/24
出願人 国立大学法人福井大学
公開番号 特開2010-198217
公開日 2010/9/9
登録番号 特許第5419069号
特許権者 国立大学法人福井大学
発明の名称 データベース装置、データベースの管理方法、データベースのデータ構造、データベースの管理プログラムおよびそれを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 データウエアハウジングやデータマイニング分野など、大規模関係テーブルの高速検索処理が必要な産業上の分野に好適である。オブジェクトIDの導入により、複合オブジェクトの効率よい実装方式も提供できる。
目的 新たな属性値を持つタップルの追加とタップルの高速検索が可能であり、かつ、ディスクスペースを効率良く使用することができる、テーブル実装方式を用いたデータベース装置の提供を目的とする。
効果 関係データベースに新たな属性値を持つタップルの追加が可能であり、ディスクスペースを効率良く使用することが可能となるという効果を奏する。しかも、優れた検索速度を実現することが可能となるという効果を奏する。
技術概要
データベース装置1は、各属性値から拡張可能配列の添字に変換するためのCVT11と、タップルに対応する拡張可能配列の要素が属する部分配列の経歴値及びタップルの各属性値に対応する拡張可能配列の各添字のビットパターンを属性順に並べた座標パターンの2項組表現をキー値として登録したRDT12と、属性毎の配列拡張の時間的順序を表す経歴値を登録した属性毎経歴値テーブル21と、経歴値に対応する配列拡張した属性の次元、及び、当該経歴値に対応する拡張部分配列の任意の要素について、属性毎に拡張可能配列における対応次元の添字の表現に要するビット数を要素とする境界ベクトルを登録した経歴値テーブル22と、拡張可能配列の添字毎に対応する属性値及び該属性値を持つ全てのタップル数を登録した属性値テーブル23とを格納している。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT