容器

開放特許情報番号
L2011002335
開放特許情報登録日
2011/5/13
最新更新日
2017/5/11

基本情報

出願番号 特願2009-066759
出願日 2009/3/18
出願人 国立大学法人名古屋大学
公開番号 特開2010-213660
公開日 2010/9/30
登録番号 特許第5429855号
特許権者 山田 陽一
発明の名称 容器
技術分野 機械・加工、化学・薬品
機能 機械・部品の製造
適用製品 生体試料を保存する容器
目的 近年、再生医療や細胞含有医薬、その他病理検査、遺伝子治療、臓器移植および自家移植など、生体試料を用いた医療分野において、容器に対する要望が高まっている。医療分野では、生体試料に悪影響を与えることなく保存・輸送等することが非常に重要である。 この発明は、試料の保存性に優れ、輸送する際に生体試料に悪影響を与えることがなく、取り扱いも容易で、更には保存した生体試料の調整を必要な時に迅速且つ簡便に行うことのできる容器の提供を目的とする。
効果 他に特別な材料を用意することなく、単にキャップを閉めるだけで、内部で生体試料を固定保持できる容器を得ることができる。
技術概要
容器本体2を閉塞するように設けられ、容器本体内部に投入する試料を保持するキャップ3は、容器本体2に着脱自在に連結される外筒部材7と、内部に試料5を保持すると共に、外筒部材7内にその軸線方向に沿って移動自在に設けられ、外筒部材7の一端開口から容器本体2側に突出しない状態では容器本体2の内部に連通せず、容器本体2側に突出した状態では容器本体2の内部に連通して試料5を投入する試料投入通路18を有する試料保持部材8と、試料保持部材8を保持すると共に外筒部材7若しくは容器本体2に螺進自在に取り付けられ、試料保持部材8を外筒部材7の軸線方向に沿って駆動する栓部材9とからなる。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT