光パスネットワークの階層化光パスクロスコネクト装置

開放特許情報番号
L2011002333
開放特許情報登録日
2011/5/13
最新更新日
2011/5/13

基本情報

出願番号 特願2009-063674
出願日 2009/3/16
出願人 国立大学法人名古屋大学
公開番号 特開2010-219827
公開日 2010/9/30
発明の名称 光パスネットワークの階層化光パスクロスコネクト装置
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 光パスネットワークの中継ノードとして機能する階層化光パスクロスコネクト装置
目的 光パスネットワークの中継ノードとして機能する階層化光パスクロスコネクト装置に関し、波長群総数に対する制約を行う場合に、従来と比較してマトリックススイッチの規模を大幅に小さくすることができる光パスネットワークの階層化光パスクロスコネクト装置の提供を目的とする。
効果 波長クロスコネクト部のマトリックススイッチの規模およびそれに用いられる光スイッチ数を大幅に低減することができる。したがって、従来に比較してマトリックススイッチの規模を大幅に小さくすることができる。
技術概要
波長クロスコネクト部WXCでは、所定数yKMのドロップ波長群がそれぞれ入力される入力ポートを有し、入力されたその所定数のドロップ波長群をそれぞれ構成する波長を分波し、その波長をドロップ波長群によらず予め定められた同じ位置の出力ポートから出力する入力側光合波分波器AW1〜AWyKMを、備えることから、順序の等しい波長毎に1群内の波長数N個に分割したマトリックススイッチにより波長方路切換用マトリックススイッチWMS2等を構成することができ、波長クロスコネクト部WXCのマトリックススイッチの規模およびそれに用いられる光スイッチPSの数を大幅に低減することができる。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT